ZENVAVA-禅ファッション

姉妹ショップ ZENVAVA – 禅ファッション

禅ファッション - ZENVAVAは、禅意茶服/禅ドレス、数珠や念珠などの禅ジュエリー、中国茶器、花器、香道道具、禅インテリアなど、新しい概念「禅ファッション」をコンセプトとした越境ECサイトです。

中国茶の販売につきまして

当サイトでの中国茶通販は休業中で、現在のところ、中国茶茶葉各種の販売再開については未定となっております。
今後の中国茶販売についてなにか進展がありましたら、随時ホームページにてご案内をいたします。ご迷惑おかけいたしますが、何卒ご了承のほどお願い申しあげます。

緑茶・龍井茶 by ぼちぼち

清香花楼://緑茶・龍井茶 by ぼちぼち

龍井茶などの中国の緑茶について。清香花楼スタッフブログ-中国茶ぼちぼち日記。

ワケあり明前西湖龍井2015年

どうしてそんな茶葉をアップで撮影してアップするのかと中国茶を知っている人からは怒られてしまうかもしれませんが、
題名のとおり「ワケあり」龍井茶です。
いや、ワケありもなにも、そもそも市場で手に入る龍井茶は大半がはじめからワケありなのではないかと言い募る人もいるかと思いますが、これは間違いなくワケありの茶葉なので、わざわざ「ワケあり」を名乗るが正直で正統だろうと思います。

前回紅茶のことを書いた後にやはり春の香りが恋しくなってしまい、杭州西湖区のさる茶農家さんから画像の茶葉を送っていただきました。
別に正真正銘の明前西湖龍井(のワケあり)ということを意識しなくとも、届くや否や封を切った瞬間の芳ばしい香りに一目惚れならぬ一嗅惚れしてしまい、「もうこれでいいだろう、今年の緑茶は」と妙に独りごちて小躍りをしたい気分になってしまいました。

どちらかというと日本人にとって中国の緑茶はとっつきにくいのですが、それは日本が緑茶文化で、スーパーの千円の煎茶(洒落ではありません)がもう充分に美味しいというのも関係しているかもしれません。
もちろん清涼飲料水やティーバッグの原材料として中国の緑茶(いわゆる茎茶)も日本に大量に輸入されてはいるのですが、中国で一般に販売されている緑茶とは異なります。
日本の緑茶と中国の一般の緑茶で括目すべきは製法の違いで、日本の緑茶は蒸して熱を入れるのですが、中国の緑茶は「炒青」という炒る製法で熱を入れて発酵を止めます。
この製法の違いは味や香りの違いにもなり(いい喩えではないかもしれませんが、茶碗蒸しをフライパンでつくることはできないという当たり前のシーンを想像してみてください)、中国の緑茶には煎茶のような舌の上で綺麗にまとまるある種の洗練さが欠落しています。
一口啜ると「これは茶ではなく、もしや草では、、」などと訝るくらいに自然そのままの荒々しい(というか生々しい)茶葉もあります。

しかし、龍井茶は、とっつきにくい中国緑茶の中では比較的なじみやすいほうなのではないでしょうか。
英語圏で緑茶というとこの龍井茶(Dragon Well Tea 文字通りの「龍の井戸の茶」)が筆頭にリストされることが多く、
それは名前にドラゴンがついているのでオリエンタリズムを掻き立てるという面もあるのでしょうが、
それ以上に、やはり外国人が実際に飲んでみて普通に美味しいと感じられる普遍性のようなものがあるからだと思います。

日本で通販をしている時によく「上海旅行のおみやげで西湖龍井茶というお茶をもらったのだけど、その値段を教えてほしい」というお問い合わせをいただきましたが、これにはなんとも説明のしようがなく、答えに窮してしまうことがありました。
パッケージに書かれている漢字(店の名や会社名)を日本語の読みで伝えてくれるのですが、それを聞いても値が分かろうはずもなく、いい加減なことも言えないので、
「いや、すみません、よくわからないです」と答えました。
「だいたい高いのがいくらくらいとかでいいから教えてよ」
「いや、その高いやつがよくわからないんですよ」
「でも相場ってものがあるでしょ」
「その相場がめちゃくちゃなんです」
「あなたお茶屋なのにそのくらいもわからないの」
「ところで、その龍井茶、美味しいですか」
「まあ、美味しいわね」
「じゃあ、めでたいことじゃないですか」
などという会話も記憶の断片にあるのですが、要はおみやげの龍井茶も普通に飲んで普通に美味しいものがあるということです。

西湖龍井は摘み取った日の夜に製茶師が手で釜で炒るのですが、その釜入りの過程で非常に芳しい香りが生まれます。
掌の茶葉の香りを嗅いでいると思わずぱりぱりと茶葉を齧ってしまいたくなるくらいの芳ばしさです。
本来はこの香りや味わいで茶の真価が決まるべきなのですが、マーケットではどの茶畑のどの時期のものかが重視されており、
毎年予約ですべて捌かれるブランド畑の茶葉がはたしてどこまで価格相応なのかは疑問です。
同じ畑の茶葉を同じ人間が製茶しても、決して同じお茶にはならないからです。

ただ時期というのは重要で、やはり早春に摘む芯芽のほうが美味しいのは確からしいと考えています。
分析したわけではないのですが、冬の寒さを耐え育ったはじめの茶葉にはなにか成分的に違うものがあるのかもしれません。

今回は3月23日摘みの龍井茶を茶農家さんからいただいたのですが、これは製茶の過程で茶葉の形が崩れてしまったものです。
ワケありと言ったのはそのためで、うっかけ煎餅のようなものです。

また、画像の中にいくつか玉のようなものが見えますが、芽の表面の毫毛が集まって丸くなったものです。

熱いお茶を飲んで汗をかくと、体は涼しくなります。

苦丁茶
苦丁茶

関東も梅雨明け後、連日熱い日々が続いております。

夏の冷え対策ということで、夏場でも長時間のクーラーなどで冷えに悩む方向けに

おすすめの中国茶をリストアップしてご紹介しているのですが、

「わたしは特別に冷え性でないし、やっぱり夏は熱いです・・」

というお声をいただきました。すいません。確かに、しびれるくらいの猛暑ですね、、

そこで、今回のブログは、冷え対策とは反対に、体を涼しくする中国茶をご紹介いたします。

体を涼しくするお茶というと、アイスティーをすぐに思い浮かべてしまうのですが、

冷たい物の飲みすぎは、やはり胃腸に良くありません。

冷茶は、口あたりがよく、水分補給としては優れているのですが、

実際に体温を下げる効果は限定的で、逆に、のどの渇きを促進してしまう傾向もあります。

意外なのですが、夏は冷たいお茶よりも、熱いお茶(80度くらい)を飲んだほうが、

体温が下がると言われています。

熱いお茶を飲むと、汗が出ます。

汗が出る、ということは、それだけ体内の熱が外に放熱しているということです。

なので、汗が出たあとには、体温(皮膚表面温度)が下がり、涼しく感じられます。

とはいえ、どんなお茶でもよいかというと、そうではありません。

茶葉にも「温性」と「涼性」のものがあるので、夏は「涼性」のお茶を飲むのがいいでしょう。

「涼性」は漢方的な区分で、体を涼しくする効果のある食材(生薬)のことです。

お茶では発酵度の低い分類にあたり、具体的は、緑茶白茶になります。

緑茶: 明前西湖龍井 雨前西湖龍井 太平猴魁 安吉白茶

白茶: 白毫銀針 白牡丹 甘露白茶

緑茶や白茶の他にも、分類上は茶外茶ですが、

苦丁茶(一葉茶)にも解熱の効果がありますので、夏場におすすめの中国茶です。

逆に言うと、冷え性の方は、上に挙げた茶葉は

夏場でもたくさん飲むのは避けたほうがいいということになります。

自分の体質や好みにあったお茶を選んで、この夏も乗り切ってください。

中国茶専門店|中国茶日記|中国茶ブログ|ジャスミン茶通販|花茶|母の日 工芸茶プレゼント

龍井茶2010年

明前西湖龍井
明前西湖龍井2010年

2010年の龍井茶、遅ればせながらなのですが、入荷いたしました。

今年は、3月末の冷え込みで不作となりました。

最も高値で取引される新芽のロットが大きな被害を受けてしまい、

市場の平均価格が数倍に跳ねあがりました。

実際のところ、これは龍井茶だけでなく、武夷岩茶鳳凰単叢でも同じ傾向にあります。

大変残念なことなのですが、お茶は自然の産物ですので、

「こういうこともある」と事実を受けとめるしかないです。

不作ではありますが、龍井茶はとてもいい茶葉が入手できました。

理由は二つあります。

中国での龍井茶の評価基準として、先ず茶葉の形の美しさを重視するのですが、

清香花楼の仕入れでは、茶葉の形の良し悪しはあまり考えていません。

同じ味香りでも、形がいいだけで値段が高くなってしまうからです。

同じクラスの味わいの茶葉なら、多少形が良くなくても、安いほうを選んでいます。

それから、ブランド産地にもそれほどこだわっておりません。

特に龍井茶は、産地のブランドがほとんど神話化されていますので、

質がいまいちの茶葉でも、その産地名だけで、びっくりするくらい高価になります。

年によって茶畑の出来は変わるのが常ですので、

清香花楼では、できる限り産地名には惑わされずに選んでいます。

あまりに形の美しい茶葉や、高名な産地ブランドをはずすこと。

この二点に気を留めて試飲をして、価格と質のバランスの良い茶葉を仕入れました。

ただ、お茶は嗜好品ですので、美味しさの基準も千差万別。

地域で考えても、江南の茶葉の「美味しさ」と、福建の茶葉の「美味しさ」は、やはり別物です。

やはり、自分で飲んで本当に「美味しい」と感じることが、一番大切なのかもしれません。

今年の夏は上海などへご旅行に行かれるかたも多いと思います。

茶店に入られた際には、ぜひ自分の五感でお買い物をしてみてください。

明前西湖龍井2010年

雨前西湖龍井2010年

中国茶通販|中国茶日記|中国茶ブログ|ジャスミン茶通販|花茶|母の日カーネーション花茶

安吉白茶 2010年新茶

安吉白茶
安吉白茶

2010年の新茶・安吉白茶です。清香花楼では新発売となる茶葉です。

名に白茶とつくのですが、銀針白牡丹のようないわゆる「白茶」の分類ではありません。

1980年代から生産されている新しい「緑茶」で、

白葉種(白葉一号)の無性生殖で普及しました。

個人的には、今年の新茶(緑茶)の中では、最も好きなロットです。

中国茶の緑茶は、日本茶と違ってあまりに草っぽく、

初めて口にしたときには衝撃的でした。

いくつか飲みこなすうちに、独特の草っぽさや豆っぽさにも慣れてくるのですが、

それでも、例えば、鉄観音武夷岩茶のような茶葉と比べてしまうと、

“毎日飲みたい茶葉”的な存在からは遠くなってしまうのも事実。

とろこが、この安吉白茶は、そういった日本人にありがちな

中国緑茶のイメージ(やたら高価なわりに味が???)を覆してくれます。

一言で言うと、甘いのです。

お茶の甘み成分・アミノ酸が、安吉白茶には数倍含まれています。

また、渋みの成分・カテキンは、逆に少なめであると言われています。

そのため、自然な口あたりの中に、爽やかさと甘みがバランスよく味わえます。

浙江省湖州市安吉県

産地の浙江省湖州市安吉県は、竹郷(竹の産地)としても有名で、

非常に肥沃な土壌です。

それがこのお茶の生育や成分にどこまで影響しているのかは不明ですが、

竹林に近い畑の茶葉ほど香りや味が良い、というまことしやかな(?)説もあります。

とても繊細でしなやか、柔らかな新芽の茶葉です。

安吉白茶で、ぜひ新しい中国茶の味わいをお愉しみください。

安吉白茶

中国茶専門店|中国茶日記|中国茶ブログ|ジャスミン茶通販|花茶美人

太平猴魁 2010年新茶

太平猴魁
太平猴魁

2001年の太平猴魁が入荷しました。今年の新茶、初めての販売です。

3月下旬の低気温、4月の天候不順で、今年は緑茶が全般的に不作となりました。

特に明前茶は生産量が少なく、ブランド産地の茶葉は高騰いたしました。

当店も、梅家塢龍井は未入荷となりました。申し訳ありませんm(_ _)m

太平猴魁は、安徽省の有名な観光地・黄山の風景区(太平県)で生産されます。

穀雨前後から立夏まで2週間ほどの期間、晴れた日の午前中に摘み取り、

その日の午後に、殺青、揉念、乾燥と、たったの一日で製茶を完成させます。

一年間の収入を左右する大切な時期なので、関係者総動員の猛労働になります。

機械化の進む製茶業界では例外的に、ひととおりの作業を手作業にて行います。

太平猴魁は、茶葉が独特の形をしていて、一度目にすると忘れがたく、

お茶好きの間では、自然に「飲みたい茶葉リスト」にインプットされる茶葉だそうです。

釜炒りの後、一枚一枚の茶葉を網の上に広げて、何度もひっくり返しながら加圧します。

太平猴魁の独特の形状はこの工程で生み出され、茶葉の上に網目の模様が残ります。

太平猴魁
2010年新茶メインカット画像

商品ページにも掲載しているメインカットの茶葉画像(上)は2010年の新茶なのですが、

グラスの中の舞う茶葉は、昨年販売ロットの茶葉のイメージ画像を流用しています。
(すいません、、)

ご検討中のお客様は、メインカットの茶葉画像をご参考にしてください。

太平猴魁

中国茶通販|中国茶日記|中国茶ブログ|ジャスミン茶通販|花茶|母の日花茶プレゼント

ガラス茶器と中国緑茶

もう8月。早いものです。

各地で大雨と日照不足かと思えば、

ある場所では猛暑…。

みなさま、お変わりありませんか?

私が住んでいるところは、相変わらず暑いです。

そんな夏に見た目も涼しく

重宝するガラス茶器なのですが

お客さまから

「上海の方では中国茶にガラス茶器を使用するのはなぜか」

と聞かれたことがありました。

ガラス茶器と龍井茶

一番の理由は、「茶葉がよく見えて綺麗だから」なのですが

それは、緑茶を多く飲む地域だからなのです。

大陸では、飲まれるお茶の80%が緑茶

台湾では、飲まれるお茶の80%が烏龍茶(半発酵茶)

といわれています。

また、その大陸のなかでも

杭州、上海あたりを中心に、北側になると

緑茶を主に飲む地域になります。

日本の緑茶と違って、中国の緑茶は

「茶葉の色、形」という「見た目」をとても重視します。

緑茶は摘み取り時期や加工、質などが

見た目で非常にわかりやすいのが特徴です。

また、淹れる温度も85℃前後と、低い温度が向いています。

ガラス茶器は保温性が低いので、緑茶にはちょうどいいのです。

緑茶の茶葉を、最も美しく自由に淹れられるのが

ガラス茶器なのかな、と思います。

グラスの中で舞う茶葉を眺めてると、癒されますネ(*^-^*)

同様に、白茶もガラス茶器をよく使用しますが

白茶や緑茶を使用する工芸茶も、中身が見えてこそ、なので

ガラス茶器が主流になったのも頷けます。

はじめに、緑茶を飲む地域では、と書きましたが

南の方に行くと、状況が変わってきます。

鉄観音武夷岩茶をよく飲む福建省

鳳凰単ソウをよく飲む広東省潮州

プーアール茶をよく飲む雲南省や香港

烏龍茶をよく飲む台湾

などでは、グラスはあまり使用されず

磁器や陶器の蓋碗や茶壺、紫砂壺を使うことが多くなります。

よく飲まれる茶葉によって

使われる茶器も変わってくるのが

また面白いところですよね。

茶葉に合った茶器選び。

難しいようですが、

既に習慣として、各地域に根付いている方法を

見て取り入れることが、一番の近道です。

夏は緑茶と白茶の季節。

涼しげに舞う茶葉を眺めながら

どうぞ一服♪

中国茶ユンチン日記

中国茶専門店・清香花楼

ジャスミン茶通販

菊花茶は体のほてりを冷ましてくれます

こんにちは、

最近本当に蒸し暑い日が続いてます(^-^;)

湿度が高いと、

体調にもなんとなく影響しちゃいますね。。。

ほてって仕方ないときは

私はよく菊花茶をブレンドした緑茶を飲みます。

菊花茶や緑茶は、体の熱を冷ましてくれるお茶なんです。

辛いお料理の後にもいいですね(^-^)

特に菊花茶苦丁茶は特に、体の熱やほてりをさましてくれるので

夏向きのお茶です☆

苦丁茶は、独特の苦みがあるので好みがけっこう分かれてしまいますが

菊花茶は見た目も涼しくて、プーアール茶やウーロン茶など他のお茶との

ブレンドの相性がいいので、重宝しています。

アイスティーでも美味しくいただけます。

菊花茶は中国ではずっと昔から、健康茶として愛飲されています。

西洋では、カモミールが同様の効果で知られていますね。

キク科の植物は、体にいいのでしょう(^^)

蒸し暑い季節、

クーラーなどで体調を崩しがちですが

エコも兼ねて、

体の中から涼んでみるのもいいかもしれません。

梅雨に負けない

体づくりを♪

中国茶ユンチン日記

中国茶専門店・清香花楼

ジャスミン茶通販

2009年新茶上市!龍井茶など

こんにちは、大変ご無沙汰しております(><)

清香花楼に2009年の緑茶が入荷しました!

龍井茶と、黄山毛峰ですが、

ユンチン店長のセレクトだけあって、どれもおいしかったです!

明前茶らしい、春の味です(^^)

龍井茶は、清代に乾隆帝のお気に入りにの「貢茶」となってからというもの

ものすごく有名になり、現代の中国緑茶の代名詞となってます。

黄山毛峰もそれに次ぐ有名な緑茶です。

ちょっと評茶してみました。

西湖龍井

chaba-longjing2.jpg

茶葉の色は梅家塢産(2009年入荷分)らしい明るい黄緑。

そして一心二葉で茶葉が揃っています。

お湯の色も透明な明るい緑で艶があり

茶がらはやわらかく、弾力があります。

味わいは爽やかで甘みも強く、何煎もいただけます。

摘み取りから製茶まで

丁寧にされているのが分かります。

黄山毛峰

黄山毛峰

とにかく力強いです。

農家さん直送ということもあって、

若干芽の揃いや摘み取り方は正直荒いのですが

なんといいますか、生命力みたいなのを感じます。

明前茶はちょっと爽やかすぎて物足りない

と思われる方にはぴったりです。

肥料も農薬も使わず

黄山の大自然の中で育った茶葉。

本当に大地の恵みを感じさせてくれます。

機会がありましたら

春を味わっていただけたらと思います。

春いちばんのご紹介でした♪

中国茶の清香花楼

ジャスミン茶通販|鉄観音|武夷岩茶|鳳凰単叢|母の日カーネーション茶

茶香炉で香りと焙煎

こんにちは!

今日は立春ですね!

天気がとてもよくて、久々に暖かい日です。

どんどん春が近づいてきております(^^)

もうすぐ、緑茶の新茶の季節ですが

「冷蔵庫に、去年のお茶がまだ残ってる。。。どうしよう」

なんてことありませんか?

茶香炉

そんなときに便利なのが、

茶香炉です(^^)

お茶の香りが楽しめて

そのあと美味しくいただける

まさに一石二鳥。

お茶を香炉のお皿の上に置いて、

(写真は龍井茶を使ってます)

下からキャンドルの

小さな炎で熱すると

やさしくて香ばしい茶の香りが

ふわーっと漂います。

で、時々つついてかき混ぜて

香ばしい香りがして2分くらい経ったら

コップに入れて

いつも通りにお茶としていただく

kouro2.jpg

・・・と

とっても香りのよい

作りたてのお茶が味わえます(^▽^)

正真正銘の自家焙煎です。

古いお茶だけでなく、

新しいお茶でもおためしくださいね。

香炉は、お茶が乗るものなら

アロマ用のものでも大丈夫ですが

お茶専用でお使いください。

緑茶や烏龍茶が

また、違った感じで美味しくいただけます。

お客様が来られるときに、茶香炉を焚いて、

部屋の香りの演出と一緒に

焙煎したてのお茶をお出しするのもステキですね。

焙煎で、新茶気分を味わってみました。

お部屋もお茶の香りで春色です♪

中国茶の清香花楼

ジャスミン茶|鉄観音|武夷岩茶|鳳凰単叢|母の日カーネーション茶