プーアール茶・黒茶 by ぼちぼち

清香花楼://プーアール茶・黒茶 by ぼちぼち

プーアール茶(黒茶)について効能など。清香花楼スタッフブログ-中国茶ぼちぼち日記。

からだを温める中国茶

昨日、木枯らし1号が吹きました。

そして、今日もびっくりするくらい寒いですね・・・(><)

山陰地方の実家では、雪が降ったとのこと。

とても11月の初めとは思えません!

そんな折、日経新聞で

「体をあたためるお茶」の大きな記事があり

プーアール茶や紅茶、生姜などが載ってました。

その中に、武夷岩茶が無かったのが残念なのですが…(^^;)

からだを温める岩茶

そう、お茶には

「からだを温めるお茶」と、

「からだの熱をとるお茶」

があります。

一番分かりやすいのはお茶の色でしょうか。

褐色色のお茶・・・

紅茶や、武夷岩茶プーアール茶、焙煎した鉄観音、が主に挙げられます。

発酵させて焙煎したお茶は、からだを温めるんです。

私は冷え症なので、冷え対策に、体を温めるお茶をよく飲むのですが

特に武夷岩茶は、寒くて手足が冷えるときに飲むと

本当に温まるので、びっくりです。

プーアール茶は、食欲の秋にも

中性脂肪に対抗してくれる強い味方なので

食べ過ぎた時に一緒に飲んでくださいね☆

逆に、発酵させていないお茶は

「余分なからだの熱をとる」とされています。

コーヒーもそうですね。

夏や、暖房で暑過ぎるお部屋にいるとき、

ほてり症のひとにおすすめです。

これから寒さもどんどん本格的になってきます。

中国茶で

体の中から温まってみるのも

寒さ対策のひとつとして

取り入れていただけたらなって思います。

風邪をひかないためにも、万全の冷え対策を♪

花茶美人(お客さまのご感想)
中国茶ユンチン日記
中国茶の清香花楼

ジャスミン茶通販|鉄観音|武夷岩茶|鳳凰単叢|母の日カーネーション花茶

プーアール茶の美味しい飲み方

秋らしい澄み切った空気が、とっても気持ちいい時期ですね!

今日はちょっと曇ってますが、昨日までの晴れ空は爽快でした ((*´∀`人))

さて、最近プーアール茶のことばかり書いてますが

プーアール茶の飲み方

食欲の秋には、どうしても

欠かせなくなっちゃうんですよね・・・。

どう飲んだらいいのか、いまいち分かりにくいお茶、

プーアール茶。

今回はプーアールの美味しい飲み方をご紹介します。

そもそも中国茶自体、お茶によって美味しく飲む方法が

それぞれ違うので、ややこしいですよね。。

プーアール茶を美味しく飲むためのポイントは

高温(100℃が望ましいです)のお湯で淹れる

1煎目はざっと洗い流すように捨てる(洗茶)

以上2点です。

プーアール茶は高い温度で淹れると、透明感のある味わいになります。

また、1煎目を捨てることは、ティーバックの場合あまり必要ないのですが

茶葉を使う場合は、雑味をとるためにも、できればひと手間かけてもらえると嬉しいです。

油揚げの油抜きみたいなものですね 。(*⌒▽⌒*)

あとは

茶壺や急須で淹れるのもよし

やかんで煮出すのもよし

美味しく続けること、が、一番です。

茶壺で淹れる場合、プーアール茶に適してるのは 

やはり、紫砂壺(中国の宜興で作られてます)ですね!

紫砂壺

まだ清香花楼では

取り扱いされていないのですが

取り扱っていただけると嬉しいな

なんて勝手に思ってます。

美味しくのんで、健康毎日を送りましょう♪

中国茶の清香花楼

ジャスミン茶|鉄観音|武夷岩茶|鳳凰単叢|母の日カーネーション茶

プーアール茶の生茶と熟茶

今日は朝からシトシト雨で肌寒い日でした。

こんな日は、あたたかい飲み物がほんと、癒されます。

お昼にカレーライスを食べて

若干胃もたれ(なぜかカレーは胃もたれしちゃうんです)したので

ミルクティーと、プーアール茶を飲みました。

プーアール茶熟茶ミニ方磚

プーアール茶は大きく分けて

生茶と熟茶に分かれますが、

今日飲んだのは

熟茶; ミニ方磚

(2000年生産)

雲南小沱と作り方はほぼ同じですが、形が 方磚(レンガという意味です) で

この ミニ方磚 は包み紙がとってもCuteなので、お気に入り!なのです。

さて、脱線してしまいましたが

プーアール茶は本当に千差万別で、歴史も相当なもの。

先ほど触れた「生茶」と「熟茶」ですが

下の写真はどちらも、作られてから1年経った雲南小沱です。

生茶と熟茶

↑上側が生茶です。

茶がらが、緑色をしてますよね。

お茶の色も薄い金黄色です。

そして、下側が熟茶です。

茶がらが黒いですよね。

お茶の色も琥珀色です。

作られた時期が同じなのに、全然ちがいますよね。。

先ず、「生茶」についてですが

プーアール茶の生茶

雲南の南側で採れる緑茶(プーアールの原料)が

自然に酸化発酵して、

年月を経て茶葉が「緑色」から「茶色」に

変質してできるプーアール茶です。

昔、緑茶を運搬や保存がしやすいように、

円盤状(餅)やレンガ状(磚)に固め、

遥か遠くの都市へと馬の背に乗せ

運ばれていったのです。

作ってから1、2年のものはとっても渋いので(南の茶木はタンニンが多いんです)

おいしく飲めるようになるまで少なくとも5年はかかっちゃいます。

飲み頃はお茶の状態・形によって変わりますが、

生茶であれば、大体10年-30年といったところ。

とにかく、まろやかになるまでかなりの年月を必要とするので、

いわゆるビンテージ物で騒がれたりとか、

目が飛び出すような高いお値段になってるお茶は、「生茶」が多いです。

そしてぼったくりやすいのも、ぼったくられやすいのも、「生茶」・・・。

一方、「熟茶」は、渥堆という工程で後発酵させたプーアール茶のことです。

プーアール茶の熟茶

「渥堆」は1973年からプーアール茶にも導入された作り方で、

緑茶を乾燥させた後に、水分・湿気を加えて

後から発酵させたお茶なんです(後発酵)。

利点は、早ければ1年くらいですぐにまろやかな

プーアールが飲めちゃうということや、胃にやさしい

ということ。

作ってからすぐに飲めることと、独特のこってりとした

風味(これが苦手な人もいますが)が人気です。

中国では、点心で有名な広東や香港、台湾でよく飲まれています。

すぐ飲めるから安い、というわけではなく、

生茶同様、びっくり値段のビンテージものとか、美味しい熟茶はたくさんあります。

大切なのは、美味しいかどうか。

生茶と熟茶、どちらが自分の好みなのか。

値段が高いからって、美味しいとは限らないですよ。

どちらも、時間がたてばたつほどまろやかで美味しくなることは知られていますが

そこが落とし穴。

古ければいいというわけではなく、

いくら昔のものでも、保存が悪かったり、原料が悪かったり、カビが生えたりしていたら

価値がありません(涙)

「プーアール茶はカビ臭い」

といわれるのは、そのプーアール茶が、微妙なプーアール茶なわけで。

ちゃんとしたプーアール茶はカビ臭くないんです。

何を基準にしたらいいのか分からないという場合は

このプーアール茶・雲南小沱が、ちょうどいい目安かもしれません。

ウナギでいう「並」、という感じの普通のプーアールだからです。

・・・なんて書いちゃうと店長に怒られるかもしれないので・・・

高すぎず、普段から飲める美味しいプーアール茶!

プーアール茶・雲南小沱

高級なプーアールがほしいという方は

ユンチン店長に直接お問い合わせください。

すごいの用意してくれる・・・・かも。

というわけで、長くなりましたが、今日の一杯でした。

ではまた次回☆

中国茶の清香花楼

ジャスミン茶|鉄観音|武夷岩茶|鳳凰単叢|母の日カーネーション茶

肉とプーアール茶

こんにちは!

昨日は金曜日でした。

そして焼肉を

食べました!

ただ、最近は年のせいか、脂ギッシュなものを食べると胃がもたれやすくって(^^;)

そんな私の胃薬代わりとなっているのが

プーアール茶

もちろん、薬ではないのですが、もたれそうな食事をしちゃったときとか、すごくいいんです。

いろんな本にも 

お茶に含まれるポリフェノールが脂を抱き込んで、

リパーゼ(脂肪解酵素です。すい臓で作ってるよ)が脂肪分を分解できなくなるので

体内に吸収されないまま脂肪分が排せつされる

とかってよく書いてあったり、耳にしたりしますが、

私は経験上、正しいんじゃないかなと思ってます。

中国のことわざで、肉と乳製品が主食になるチベットでは

「宁可三日无肉,不可一日无茶」

(むしろ三日肉がなくてもよいが、茶を一日でも欠くことはできない)

と言われるくらい、お茶が生活の中で重要なものだったそうです。

というわけで、肉を食べたらプーアール茶!

でも、不味いプーアール茶は長続きしないので

せっかく飲むなら、ちゃんと作られた美味しいプーアール茶をお勧めします。

ちなみにお酒を飲みすぎたときは

緑茶

でリセットして、

次の日スッキリです (^^)V

皆様も、ぜひお試しください。

中国茶の清香花楼

ジャスミン茶|鉄観音|武夷岩茶|鳳凰単叢|母の日カーネーション茶

中国茶の販売について

2013年6月より当サイトでの中国茶通販は休業しております。
今後の中国茶販売についてなにか進展がありましたら、随時ホームページにてご案内をいたします。ご迷惑おかけいたしますが、何卒ご了承のほどお願い申しあげます。

姉妹ショップ ZENVAVA – 禅ファッション

禅ファッション - ZENVAVAは、禅意茶服/禅ドレス、数珠や念珠などの禅ジュエリー、中国茶器、花器、香道道具、禅インテリアなど、新しい概念「禅ファッション」をコンセプトとした越境ECサイトです。
ZENVAVA-禅ファッション