中国茶の種類 by ぼちぼち

清香花楼://中国茶の種類 by ぼちぼち

中国茶の種類について。清香花楼スタッフブログ-中国茶ぼちぼち日記。

茶経 「飲茶には粗茶・散茶・末茶・餅茶がある。」

陸羽の「茶経」を読む、第6回目です。

今回は、前回に引き続き、第6章第3節から読みたいと思います。

「飲茶には粗茶・散茶・末茶・餅茶がある。

(粗茶は)切って作り、(散茶は)炒って作り、(末茶は)焙り、(餅茶は)臼づく。

瓶缶の中に貯え、湯を注ぐ。これを庵茶(えんちゃ)という。

或いは葱、姜、棗、橘の皮、茱萸(しゅゆ)、薄荷などを用い、これを百沸する。

或いは浮き上がらせて滑らかにしたり、或いは煮て沫を取り去るようなことをするが

これらは溝渠の間の棄水になるだけなのに、このような習俗が止まない。」

(引用元:布目潮渢「茶経詳解」淡交社 160ページ 一部字体等変更)

内容を見ていく前に、先ず、同じ箇所の原文を引用いたします。

「飲有觕茶散茶末茶餅茶者。乃斫。乃熬。乃煬。乃舂。

貯於瓶缶中。以湯沃焉。謂之庵※茶。

或用葱薑棗橘皮茱萸薄訶※之等。煮之百沸。

或揚令滑。或煮去沫。斯溝渠間棄水耳。而習俗不已。」

(引用元:布目潮渢「茶経詳解」淡交社 160ページ 一部字体変更)

※「庵」は、正しくは「疒」。「訶」は、正しくは「くさかんむり」あり。

ここは文意がやや読み取りづらい箇所かもしれません。

一文目においては、当時のお茶の種類を4つあげています。

そして、続く二文目以降は、その4種類の茶のそれぞれの製法を、

動詞一語で簡略に説明しているようです。

・粗茶=「斫」切る

・散茶=「熬」炒る

・末茶=「煬」焙る

・餅茶=「舂」臼でつく

ここに対応関係があることは確かだと思います。

ただ、続くそれ以降の文章は(「瓶缶の中に貯え・・」以降です)

お茶の種類の説明を書いているわけではないようです。

陸羽は、ここで、当時の飲茶のいくつかの習俗を

結語で、「棄て水になるだけ」という言葉で、否定しています。

否定している飲み方は、以下の習俗です。

・瓶や缶に入れた茶にお湯を注ぐ庵茶(えんちゃ)という飲み方

・葱、姜、棗、橘、茱萸(しゅゆ)、薄荷等と混ぜ沸騰させる飲み方

・茶を浮き上がらせて滑らかにする飲み方

・茶を煮て沫を取り除く飲み方

よく読むとわかるのは、冒頭のお茶の種類についての文章と、

それ以降の後半部の、飲茶の習俗を否定している文章は、

わけて考える必要があるだろう、ということです。

粗茶/切る=お湯を注ぐ庵茶

散茶/炒る=葱、姜、棗等を混ぜ沸騰させる・・

・・・・

という風に、もし前半と後半で対応関係があると思って読んでしまうと

一つひとつの言葉の意味のつかみ辛さも相まって、

一体なにが書いてるのかわからなくなってしまいます。

(というか、はじめ私がそう読んで混乱しただけかもしれませんが、、)

(お茶の種類について)

「飲茶には粗茶・散茶・末茶・餅茶がある。

(粗茶は)切って作り、(散茶は)炒って作り、(末茶は)焙り、(餅茶は)臼づく。」

——————————————————————————————–

(習俗の否定)

「瓶缶の中に貯え、湯を注ぐ。これを庵茶(えんちゃ)という。

或いは葱、姜、棗、橘の皮、茱萸(しゅゆ)、薄荷などを用い、これを百沸する。

或いは浮き上がらせて滑らかにしたり、或いは煮て沫を取り去るようなことをするが

これらは溝渠の間の棄水になるだけなのに、このような習俗が止まない。」

(引用元:布目潮渢「茶経詳解」淡交社 160ページ 一部字体等変更)

この節は、以上のように、主旨を二つにわけて読みます。

前置きが長くなってしまいました。

次回は、お茶の種類について触れたいと思います。

それでは続きは次回で。

中国茶通販|中国茶日記|中国茶ブログ|ジャスミン茶通販|花茶|母の日・花茶
ジャスミン茶|鉄観音|武夷岩茶|鳳凰単叢|カーネーション花茶

熱いお茶を飲んで汗をかくと、体は涼しくなります。

苦丁茶
苦丁茶

関東も梅雨明け後、連日熱い日々が続いております。

夏の冷え対策ということで、夏場でも長時間のクーラーなどで冷えに悩む方向けに

おすすめの中国茶をリストアップしてご紹介しているのですが、

「わたしは特別に冷え性でないし、やっぱり夏は熱いです・・」

というお声をいただきました。すいません。確かに、しびれるくらいの猛暑ですね、、

そこで、今回のブログは、冷え対策とは反対に、体を涼しくする中国茶をご紹介いたします。

体を涼しくするお茶というと、アイスティーをすぐに思い浮かべてしまうのですが、

冷たい物の飲みすぎは、やはり胃腸に良くありません。

冷茶は、口あたりがよく、水分補給としては優れているのですが、

実際に体温を下げる効果は限定的で、逆に、のどの渇きを促進してしまう傾向もあります。

意外なのですが、夏は冷たいお茶よりも、熱いお茶(80度くらい)を飲んだほうが、

体温が下がると言われています。

熱いお茶を飲むと、汗が出ます。

汗が出る、ということは、それだけ体内の熱が外に放熱しているということです。

なので、汗が出たあとには、体温(皮膚表面温度)が下がり、涼しく感じられます。

とはいえ、どんなお茶でもよいかというと、そうではありません。

茶葉にも「温性」と「涼性」のものがあるので、夏は「涼性」のお茶を飲むのがいいでしょう。

「涼性」は漢方的な区分で、体を涼しくする効果のある食材(生薬)のことです。

お茶では発酵度の低い分類にあたり、具体的は、緑茶白茶になります。

緑茶: 明前西湖龍井 雨前西湖龍井 太平猴魁 安吉白茶

白茶: 白毫銀針 白牡丹 甘露白茶

緑茶や白茶の他にも、分類上は茶外茶ですが、

苦丁茶(一葉茶)にも解熱の効果がありますので、夏場におすすめの中国茶です。

逆に言うと、冷え性の方は、上に挙げた茶葉は

夏場でもたくさん飲むのは避けたほうがいいということになります。

自分の体質や好みにあったお茶を選んで、この夏も乗り切ってください。

中国茶専門店|中国茶日記|中国茶ブログ|ジャスミン茶通販|花茶|母の日 工芸茶プレゼント

中国茶について  カメリア・シネンシス

日本茶も、紅茶も、ルーツは中国茶です。

同じお茶の木からとれるのに日本茶と中国茶は、どこが違うのでしょう?

ひとことで言うと、茶葉の製茶の仕方が違うからです。

でも、お茶の木は、みんな同じです。

中国茶も日本茶も紅茶も、品種は違えどみんな同じ茶の木から採れているんです。

正式名はカメリア・シネンシス。つばき科の常緑樹です。

世界中で、380種類ありますがそのうちの260種類は、なんと中国に存在します。

お茶の木の原産地は、中国の西南部(現在の雲南省あたり)と言われています。

いまでも雲南省、四川省、貴州省のあたりに、何千年、何百年という茶樹が存在しています。

また、お茶はもともと、薬効の高い薬として重宝されていました。

今はとても身近なお茶ですがとても長い歴史と物語があります。

悠久の時で育まれた中国茶。 その中国茶を知るきっかけになれたら幸いです。

中国茶通販|中国茶日記|中国茶ブログ|中国茶安全性|花茶|カーネーション花茶
ジャスミン茶通販|鉄観音|武夷岩茶|鳳凰単叢

お茶はインフルエンザの予防にいい?!

すっかりご無沙汰しております。

皆さまお変わりございませんか?

巷では新型インフルエンザが猛威をふるっていて

学校閉鎖や学級閉鎖が相次いでいます(><)

インフルエンザにも、風邪にも気をつけたい今日この頃・・・

実は、お茶に含まれる渋味成分の「カテキン(エピガロカテキンガレート)」には

殺菌効果があるので、

よく昔から「お茶でうがいするといい」と言われ利用されてきました。

医学的に立証されたわけではないようなのですが

実験などではけっこう効果があるという実験結果が多いのも事実。

そのおかげか、もともと丈夫なのか

店長も私も、インフルエンザにもかからず

風邪にもかからす、元気そのものです。

また、寒い時におすすめなのが

武夷岩茶 なのですが

とにかく、体が温まります。

体を温めると、体の免疫力も高まるので

そういう意味でも、お茶は本当におすすめです。

美味しいから、という理由で召し上がっていただくのが一番なのですが

風邪やインフルエンザ予防にもお役立ていただけたら嬉しいです(*^-^*)

花茶美人(お客さまのご感想)
中国茶ユンチン日記
中国茶専門店の清香花楼

ジャスミン茶通販|鉄観音|武夷岩茶|鳳凰単叢|母の日カーネーション花茶

冷茶の美味しい季節がやってきました。

最近暑くなってきましたね。

梅雨入りということもあり、蒸し暑い日が多くなってきました。

こんなときは、中国茶で冷茶を作っておくと

ひんやりと美味しい中国茶がいただけます。

中国茶の冷茶

中国茶は「暖かい飲み物」というイメージが強いのですが

ほとんどのお茶が冷茶としていただけます。

作り方にちょっとコツがあるのですが、

とっても簡単なので、是非おためしください(^-^)

まず、お気に入りの中国茶を5g-7g用意します☆

そのあと、麦茶用のポットに茶葉を入れて

その上から100ccくらいの少しの熱湯を注いで

茶葉が開くのを待ちます(大体2-3分です)

その後、茶葉の上からポットにお水を 1000ccくらい

ゆっくり注ぎ入れます。(お水の量はお好みで)

そのまま冷蔵庫で8時間くらい放置しておくと・・・

とってもスッキリとした香りのよい美味しい冷茶ができます!

なぜ水に漬けっぱなしなのに苦くならないかといいますと

水の温度が低いと、苦味成分のカテキンやカフェインが溶け出しにくいからなんです。

もしカフェインが苦手という場合は、

お湯でさっと洗ってから冷茶を作ると、

最初のお湯をくぐらせるときに、カフェインが流れるので

カフェインの少ないお茶が、自分で作れちゃいます♪

冷茶にお薦めなのが

ジャスミン茶や、鉄観音緑茶鳳凰単叢です!

ちなみに工芸茶は

花が開くのに熱いお湯が必要なので

最初に1煎くらいを普通に召し上がっていただいたあとに

冷茶にすると、花咲く冷茶が楽しめます☆

是非一度お試しくださいね

ちなみに、最近見つけた面白いチョコです。。

ジャスミンチョコ

なんと

ジャスミンの香りがします!!

人工香料の

ジャスミンの香りなのですが

最近はまってます(笑)

機会がありましたら

ちょっとかじってみてください(^-^)

花茶美人

中国茶ユンチン日記

中国茶専門店・清香花楼

ジャスミン茶|鉄観音|武夷岩茶|鳳凰単叢|母の日カーネーション茶

花粉症と凍頂烏龍茶

春が近づいてきて・・・

umenohana.jpg

スギ花粉の季節が

やってきました!!

花粉症の方にはつらい時期ですよね・・・。

(写真は梅の花です ^^)

身近にも花粉症の人がいるのですが、

みんな辛そうです。

今、日本人の4人にひとりは、

花粉症の症状があるそうなんです。

かくいう私は、まだ花粉症ではないので、

ほんとに助かってますが、、

今年の花粉は、昨年より飛散が早く、飛散量は2倍にもなるそうです。

花芽の生育が良いらしく、今年はすごいぞと・・・。

2月20日から本格的に飛散が始まるようです。

そんな季節にお勧めなのが、凍頂烏龍茶

巷でもよく噂されているので

お馴染みかもしれませんが

凍頂烏龍茶に含まれる

渋み成分の一種の

「メチル化カテキン」に、

アレルギー原因物質となるヒスタミンの、

体内分泌を抑制する効果があるそうなんです。

ただ、「抑制」の働きなので、

反応が始まって花粉症が出てしまうと

飲んでも効果がないらしいのです。

あくまで、反応を起こさない予防が肝心だそうです。

メチル化カテキンは、凍頂烏龍茶と、

日本の「べにふうき」という茶種にも多く含まれています。

でも、メチル化カテキンは緑茶や、岩茶、鉄観音には含まれていないんです。

なので、花粉症対策で・・・ということでしたら、

どんなお茶でもいいというわけではないんです。

美味しく楽しく花粉症の予防できたらいいですね。

毎年、大変な思いをされている方々、

お茶でリラックスしながら

このつらい季節を乗りきっていただければと思います。

中国茶の清香花楼

ジャスミン茶|鉄観音|武夷岩茶|鳳凰単叢|母の日カーネーション茶

中国茶の種類

今日もお疲れ様です!

昨日夜更かししたせいか?

天気がいいからなのか、午後からなんとなくぼーっとしております。

これじゃいかんなー

中国茶の種類

ということで、

今日はサイト更新のための

お茶の撮影をしました。

せっかくなので、

中国茶の種類について

ちょっと書かせていただきます。

緑茶、白茶、黄茶、青茶、

紅茶、黒茶、

ってよく耳にしますね。

中国茶というのは品種はいろいろありますが、みんな元は同じ「茶の木」。

品種はもちろん、作り方が違うとまったく別の味や香りになります。

で、お茶をどのくらい発酵(正しくは酸化酵素の活性による酸化発酵)

させるかで、6種類に分類します。

これを「6大分類」って言います。

↓茶湯の色で表現してみました♪

中国茶の種類、六大茶

いくら見た目が緑っぽくても、緑茶ではなく烏龍茶だったり

見た目が緑なのに白茶だったりするのは、そこに理由があります。

見た目以上に、中身(発酵)が重要ってことですね(・∀・)

他にも、6大分類とは別に、「再加工茶」という分類がありますが、

ジャスミン茶や工芸茶が、この、「再加工茶」の種類に入ります。

ベースの緑茶や白茶に、ジャスミンで香り付けをおこなったり

花を結んで、形を作ったりなど、お茶になったあとに、さらに人の手や花が加わって

いるものを「再加工茶」としています。

苦丁茶や八宝茶、花茶は、お茶の葉を使っていないので

「茶の外」に分類されています。

でも、それぞれの分類の中に

さらにいろんな味と形と色があるので

ほんと、中国茶って多彩です。

今日はざっと中国茶の種類・分類についてのお話でした。

読んでくださってありがとうございます☆

中国茶の清香花楼

ジャスミン茶|鉄観音|武夷岩茶|鳳凰単叢|母の日カーネーション茶

花茶ブレンドティー

先日、お茶のブレンドについてお客様からお声をいただきました。

お茶って、ブレンドすると味と香りの可能性が広がりますよね!

でも相性が悪いと打ち消しあうことも・・・

美味しくて、リラックス効果も倍増なブレンドをしたいものです。

ちなみに中国では、「お茶と花」や「お茶と乾燥させた果物」などを組み合わせることが多いです。

イメージとしては、八宝茶でしょうか。。。

ブレンド花茶

清香花楼では、お茶とお花で精彩花茶(ブレンド花茶セット)なるものを出しておりますが

どれもいい感じでブレンドされてます!

たとえば

薔薇・ラベンダーと紅茶の組み合わせは、

紅茶で体をあたためて、香りで癒してくれますし

菊とプーアールの組み合わせは、

プーアール茶がちょっと苦手な方や、

夏に冷茶にするときなどおすすめです。

烏龍茶は、お茶自身に良い香りがあるので、

一般的にあまりブレンドに向かないかな、

というところなのですが、

金木犀とは相性がいいです(^^)

生姜とお茶のブレンド

他にも、この寒い時期にお勧めなのが、生姜とのブレンドです!

ポットにお茶と生姜をひとかけ入れて

蒸らし、カップに注ぐだけ。

好みで蜂蜜(砂糖)をいれて飲むと、

寒いときや風邪っぽい時に

とーっても温まります。

キーマン紅茶や、東方美人 

などの発酵度の高いがお勧めです!

あとはプーアール茶鳳凰単叢 のミルクティーもいいですよ(^▽^)

一般的に、発酵度が高いお茶は体をあたためるといわれています。

あったまってリラックスできるブレンドティー

もっと研究していきます!

ほっこりいきましょー

中国茶の清香花楼

ジャスミン茶|鉄観音|武夷岩茶|鳳凰単叢|母の日カーネーション茶

鉄観音の春茶と秋茶

中国茶の清香花楼鉄観音秋茶がやってきましたー!

ということで、今日は鉄観音について。

実は鉄観音は春から秋にかけてずっと収穫が可能なのです。

摘み取りの時期は大体4種類に分かれてまして

春茶は、谷雨-立夏(4月19日頃-5月5日頃)の間

夏茶は、夏至-小暑(6月21日頃-7月6日頃)の間

暑茶は、立秋-処暑(8月7日頃-8月22日頃)の間

秋茶は、秋分-寒露(9月22日頃-10月8日頃)の間

が目安になってますが、最近は温暖化の影響もあって、

春の摘み取り時期が予定よりも早まったり、

秋茶の収穫時期が、10月に入って暫くしてからという所も多くなってます。

産地によっても摘み取り時期は違うので、場合に応じて農家さんが判断されます。

さて、その中でも美味しいのは、春茶と秋茶ですが、

どちらが好みかも人それぞれです。

春茶は葉っぱがとても柔らかくて、

春らしい、とっても爽やかな香りと味わいがあります。

冬の間に休眠して蓄えられていた養分が、新芽にたっぷり♪

甘味があって、口当たりが軽いので、ほんとに春を味わってる気分になれます。

秋茶は、秋寒くなったら摘み取り開始です。

休眠前に栄養を蓄えようとするところをつみとっちゃいます。

葉っぱはちょっと硬めなのですが

味や香りのもとになる成分がたくさん含まれてるので

とっても濃厚な味と香りになるんですよねー。

葉っぱが育っている方がいいなら夏の夏茶や暑茶の方がいいのでは?

と思われるかもしれませんが、味はちょっと微妙でして(^^;)

香りが少なくて、渋みが強い。。。

日光と気温が高すぎて、葉が必要以上に硬く大きく成長しちゃうのと

葉っぱや樹の成長のために養分が消費されてしまうので

美味しい鉄観音には、なかなかなれないんです。

とまあ、長い説明になってしまいましたが

鉄観音は春茶も、秋茶もどちらも個性があるので

機会があれば両方お試しくださいね!

私はどちらかというと、秋茶派です(*^▽^*)

あの深い味わいと香りがたまりません♪

今年の出来はどんなかな???

中国茶の清香花楼

ジャスミン茶|鉄観音|武夷岩茶|鳳凰単叢|母の日カーネーション茶

お茶酔いとカフェイン

突然ですが

「お茶酔い」

って経験されたことありますか?

中国茶を入れている

私が中国茶を飲み始めたころ。

お茶をたくさん飲んだときなどに、

心臓バクバク、へんな汗、クラクラ

(貧血に似た感じです)

といったちょっとお酒を飲んだ時の

ような状態になることがありました。

それを「お茶酔い」と呼ぶのですが、多分、カフェインの急な取り過ぎで

そうなってしまうのでは、と思います。

しかし、今では、お茶酔いがほとんどなくなってしまいました。

ずっと飲んでいたので、慣れたということもあるのですが(中毒?)

たくさん飲んでも、お茶酔いしない工夫があるんです。

お茶は飲みたい、けどカフェインはあまり摂りたくない!

という場合

カフェインの取りすぎを防ぐ効果的な方法は

「洗茶をすること。」

洗茶(一煎目を捨てる)はもったいないようにも思えますが、

*雑味をとる

*茶葉を開かせる

*カフェインを流せる

というように、いろいろな効果があります。

カフェインは水溶性なので

お湯に溶けやすく、洗茶でけっこうな量のカフェインが流れてくれます。

ただ、残念ながらお茶の成分もそこそこ流れてしまうので

さっと湯通しするように洗茶するのがお勧めです(*^^*)

それでも、お茶酔いしちゃった(^^;)というときの

効果的な対処法なのですが

食べる or 寝る or 牛乳を飲む

です。

特に、胃に自信のない方は、「食後に飲む」が鉄則です。

こうして考えると、お茶ってお酒と似てるところが多いなと

いつも思います。

お茶はお酒と違って、アルコールは存在しないのですが、

カフェインだったり、香りだったり、安らぎと興奮をもたらす不思議な飲み物ですよね。。

ひとりでも、数人でも、愉しい時間をもたらしてくれる

おもてなしのお茶、工芸茶

おもてなしに欠かせない お茶 と お酒 。

昔の中国の詩人たちは、

お酒に酔って、酒の詩を

お茶に酔って、お茶の詩を のこしました。

そう思うと、たまにはお茶に酔うのもいいかもしれません。

あ、でも、お酒もお茶も飲みすぎにはご注意くださいね☆

中国茶の清香花楼

ジャスミン茶|鉄観音|武夷岩茶|鳳凰単叢|母の日カーネーション茶

はじめまして。中国茶のブログです。

はじめまして。

清香花楼スタッフの渡部です。

日々のお茶に関わることをちょっとずつ書いていきたいと思っています。

毎日、なにかしらお茶を飲んでいます。

そんなささやかな贅沢がわたしの幸せな時間になってます。

自己紹介ついでに、私がお茶が好きになったきっかけなのですが

以前はお茶なんて全く飲まない、コーヒー派だった私。

中国に行き、初めて飲んだジャスミン茶で衝撃を受けました。

何がすごいって、香りと味がすごい!

で、そこから始まって、種類と味の多彩さに更にハマってしまいました。

今は、昔苦手だった紅茶まで美味しいと感じて飲んでます。

その後、日本に戻ったのですが、中国茶はやめられませんでした(^^;)

今も美味しいお茶を求めて貪欲にさまよってます。

中国茶中心のブログですが、どうぞよろしくおねがいします!

工芸茶の千日紅

千日紅の工芸茶。

まるーいお花がカワイイです

中国茶の清香花楼

ジャスミン茶|鉄観音|武夷岩茶|鳳凰単叢|母の日カーネーション茶

2015-03-16T10:27:45+00:00 October 9th, 2008|Categories: 中国茶ブログぼちぼち日記, 中国茶の種類 by ぼちぼち|Tags: , |

中国茶の販売について

2013年6月より当サイトでの中国茶通販は休業しております。
今後の中国茶販売についてなにか進展がありましたら、随時ホームページにてご案内をいたします。ご迷惑おかけいたしますが、何卒ご了承のほどお願い申しあげます。

姉妹ショップ ZENVAVA – 禅ファッション

禅ファッション - ZENVAVAは、禅意茶服/禅ドレス、数珠や念珠などの禅ジュエリー、中国茶器、花器、香道道具、禅インテリアなど、新しい概念「禅ファッション」をコンセプトとした越境ECサイトです。
ZENVAVA-禅ファッション