鉄観音 by ぼちぼち

清香花楼://鉄観音 by ぼちぼち

鉄観音について書いた記事。清香花楼スタッフブログ-中国茶ぼちぼち日記。

一陽来復~陰陽の茶席~留香茶藝

先日、東京浅草で開かれた地球にやさしい中国茶交流会を訪れました。
この中国茶交流会は、毎年行われているようで、私ははじめてだったのですが、予想していたよりも会場が広く、出店されているショップさんもとても多くて、びっくりしました。

その中で、今回私が参加させていただいたのは、留香茶藝さんの「一陽来復~陰陽の茶席~」です。
留香茶藝
Singapore留香茶芸-Liu Xiang 茶心

 

シンガポールの留香茶藝流派で資格取得をされた日本の茶友会のかたのアーティスティックな茶席で、一般的な中国茶の茶芸とはだいぶ趣を異にしていました。テーブルコーディネイト、茶器の選定、また、どんなに良い茶葉も煎数は3煎までや、茶器の洗浄も茶席の流れに含めるなど、大陸の中国人にはない視点や発想で美しいお茶の空間を創出されています。

一陽来復というと、早稲田の穴八幡宮のお守りを連想しますが、もともとは「易」を由来とした言葉で、陰の符号5本に陽の符号1本で表される旧暦11月の季節(冬至)を指しています。純陰の卦から再び陽の卦が下に一つ兆すということで、この時期を境に、陰から陽へと季節が移り変わっていくので、転じて物事が良い方向へ進むという意味でも使われます。

 

陰の茶席では清香系の鉄観音、陽の茶席では濃香系の鉄観音1992年老茶を頂きました。それぞれの茶席は、陰=月=女性、陽=日=男性を象徴するようなテーブルコーディネイトと茶器の選定がなされていましたが、両席が二元論的に対立するというニュアンスはなく、陰は陰として前後があり、陽は陽として前後があり、陰の中には陽が潜み、陽の中には陰が潜み、どちらもそれ自身で完結された空間でありながらも、同時に、コントラストな演出によってそれぞれの茶葉の味わいが深くなるというような、相補うパラレルな要素を強く感じました。

また、私が特別に心に残ったのは、お茶を頂いたあと、それで茶席が終わりになるのではなく、茶器の洗浄をその席の流れの中で行い、茶席に参加した人みながそれをじっと見つめていたことです。
中国茶では、淹れる前に茶器を温めるためにお湯で流したりもしますが、留香茶藝さんの茶席では淹れる前だけでなく、淹れた後においても茶器にお湯をそそぎ、また、それぞれの茶器をお湯で丁寧に洗浄します。その茶器の洗浄も茶席であり、茶器を洗っている間の時間の流れの強度が、なんというか、お茶を頂いている間の時間の強度よりも鮮明に印象に残るため、もしかしたら、茶席というものは本来お茶を頂くのが目的ではなく、むしろ、茶器を洗うためにお茶を頂く、その茶器を洗う主の滑らかで流麗な手つきをじっと見るためにお茶を頂いたのではないかという、複雑な感情に駆られます。

これは、道具を大切にするということでもあるのでしょうが、しかし、それ以上に、この茶器を洗う時間の流れ方の強度が一体どんな思想を担っているのか、なかなか難しい問いです。茶芸は、お茶の空間全体としてありますが、空間だけでなく、そこに時間が流れないと一つの宇宙にはなりません。
人が時間を感じるためには、集中力のようなものが必要で、なにかに集中して自分の意識がその流れと一体化していると、自分の意識は流れている時間そのものに近づきます。そして、時間というものは、循環をします。茶席の終わりに茶器を洗うのは、茶器を洗う=次の茶席のはじまりということでもあり、これは、終わりがはじまりに繋がるという「易」の思想の顕れなのかもしれません。
また、禅では、食事や食器の洗い方にも作法がありますが、それは、そういう日常の動作一つひとつが禅であるという世界観に基づいています。留香茶藝さんの茶席にも、それに通じるものを感じました。

 

留香茶藝
左が陽の茶席、右が陰の茶席です。

留香茶友会のかたは、シンガポールの李自強先生を師匠とし、それぞれ中国茶サロンや講師などとして活動されています。
今回、陰の茶席の堀井美香様と小西美和様は、ZENVAVA-禅ファッションの禅意茶服を素敵に着こなしていただきました。ありがとうございます。

 

極品鉄観音 2010年新茶

極品鉄観音
極品鉄観音2010年春茶

極品鉄観音2010年の春茶(清香系)が入荷いたしました。

産地は、福建省安渓の祥華。2009年秋茶と同じ産地です。

鉄観音は、正直言って、出来の良し悪しの激しい茶葉です。

そのため、毎シーズン、いくつも試飲して、入荷のロットを決めています。

今年は、特に明前茶が不作だったので(新芽が霜でやられたり凍ったりしてしまった)

南の鉄観音も心配ではあったのですが、予想外に出来が安定していて、ほっとしました。

ここ数年、市場(中国国内)のトレンドがあまりに火入れの軽い茶葉を好む傾向にあり、

昨年あたりまでは、けっこうな価格の茶葉でも、ちょっと生臭さが先行で、

日本人の味覚としては、正直あまり美味しいとは感じられない茶葉が多くありました。

ところが、今年の春は、やや「台湾茶のような鉄観音」に回帰してきた感じがあります。

もともとの鉄観音(濃香)は福建のお茶ですが、火入れの軽い清香系は、

台湾の高山茶の製茶を逆輸入する形で、大陸にも人気が広がりました。

それがどんどん進化(?)して、まるで緑茶のような鉄観音になったのですが、

今年はそのぶれもやや戻り、テイストとしての回甘が優先しつつある感じがします。

もちろん、台湾茶と鉄観音はぜんぜん別もので、

台湾茶(と一括りにするものあれですが)のほうが、やはり繊細で丸っこく、甘みも強く感じられます。

そのため、一般に日本人の好みは台湾茶のほうだと思います。

ただ、鉄観音のある種の荒っぽさのようなものは捨てがたく、

同じ茶葉を同じ人間が飲んでも、その日その時の体調や集中力、あるいは天気などにより、

その瞬間ごとに違った表情を垣間見せてくれるので、そこにわたしは惹かれつづけています。

極品鉄観音

中国茶専門店|中国茶日記|中国茶ブログ|ジャスミン茶通販|花茶|母の日プレゼント花茶

鉄観音を自宅で焙煎

こんにちは。

あっという間に9月です。

朝晩が過ごしやすくなってきました。

今年はなんだか、夏が短かったような気がします(^^;)

まだ昼間は暑いのですが

徐々に秋の気配が感じられますね(^-^)

この前、自宅のお茶関係の整理をしていたところ

去年の鉄観音が発見されまして。

あれ!こんなところに!

と驚きつつ、袋を開けて飲んでみましたが

なんとなーくぼやけた感じになってしまってました。(涙)

そういう時は、

迷わず焙煎です。

私はなんと、

オーブントースターで焙煎してます(笑)

300W で、天板にキッチンペーパーをしき

そこに鉄観音を平らに広げ

上にアルミホイルを乗せて

様子をみつつ、焦げないように

たまにかき混ぜつつ焼くこと10分。

オーブンからは鉄観音のいい香りが(^^)

絶対に焦げないようにするのがポイントです。

アツアツの茶葉を大きな紙の上に広げて

そのまま一晩、冷まします。

すると、昨日とはうって変わった

あまーくて香りのいい鉄観音に生まれ変わります。

鉄観音などは月日がたつと角がとれ、まろやかになりますが

あまり長いこと放置してしまうと

酸味がきつくなったり、味がぼやけてしまったりします。

(プーアール茶や岩茶、紅茶は年数が経っても問題ないのですが)

そういうときに焙煎をすると

うまくいけば本当に美味しく変わります。

この焙煎した鉄観音で

冷茶を作ると

水色が濃くて綺麗な

とろみのあるあまいアイスティーになるんです。

安い鉄観音の方が

けっこう味の変化があるので

楽しいんですよ☆

もし、ご家庭に古くなってしまった鉄観音があれば

是非お試しいただけたらと思います。

これからお茶の美味しい季節

手作りの焙煎茶でゆったりするのも

いいものですね(*^^*)

それではまた次回♪

花茶美人

中国茶ユンチン日記

中国茶専門店・清香花楼

2015-03-16T08:16:52+00:00 September 4th, 2009|Categories: 中国茶ブログぼちぼち日記, 鉄観音 by ぼちぼち|Tags: , , , |

鉄観音 2009年 春茶

こんにちは!(^▽^)/

報告遅れましたが

2009年の春の鉄観音が発売されました☆

今年は、香りがよいのが特徴です。

味はちょっとさっぱりしていて、爽やかな感じの仕上がりです。

ご紹介させていただきます♪

こちらが極品鉄観音です。

茶葉が若く、しっかりしていて形もきれいです。

極品鉄観音

つぎに観音王です。

早摘みの茶葉が、しっかりと丸められ、光沢があります。

香りがよくて、芳醇な春の爽やかさがあります。何煎もいただけます?。

観音王

お湯の色もきれいな黄金色です。

鉄観音の黄金の水色

ウーロン茶というと濃いお茶の色のイメージなのですが

お茶の種類や焙煎、発酵の度合いで、黄金色からコーヒーのような色まで

産地によって本当に様々です。

また、お茶にもその時代によって流行りがあり、

鉄観音は特に、ここ数年でどんどん変わってきています。

茶葉の品種改良や、製造方法の変化などもありますが

特にここ数年の鉄観音は、緑茶の好きな人たちも好んで飲めるように

発酵と焙煎が浅くなっています。

以前の鉄観音を知る人や

以前の鉄観音を好む、中国の福建省から南側の地方では

「最近の鉄観音は、鉄観音ではない。」

という人さえいます。

(さすがにうちのユンチン店長はそこまで言いません)

「三紅七緑(葉の縁が発酵して赤くなり、中心部が濃緑色の状態)」

というのが、従来の発酵度30-40%の状態なのですが

最近の鉄観音は、発酵度が20%以下のものが多く、

「紅」が見事に見当たりません(^-^;)

発酵と焙煎を少なくすると、どんなメリットがあるかというと

製造の時間短縮で効率が上がるのと

お茶の「蘭香」が強く残ること

質の良いものを見分けやすいこと

また、緑茶好きの多い地方で消費が盛んになるということが挙げられます。

鉄観音のニーズが、香り(蘭花香)に重点をおくようになっていて

長期保存の場合は冷蔵庫で保存しないと酸化が進んでしまいます。。

逆に、飲む数日前に常温に放置しておくと

味の角がとれてまろやかになります(^-^)

たまに、昔風の鉄観音が飲みたいときには

自分で適当な焙煎をして

たまに失敗しつつ飲んでいます(^^;)

中国茶はずっと昔から、その時代の権力者や、流行にあわせて

常に変化してきました。

もしかしたら、今わたしたちが飲んでいるお茶も

あと数十年、十数年したら

また違うお茶に変わっているかもしれません。

今しか飲めないかもしれないという

ちょっとした危機感が

中国茶のさみしさであり、醍醐味でもあります。

お茶で時代の流れを感じるのも

面白いですよね。

今の進化する鉄観音を

みなさまもお試しください(*^^*)

中国茶ユンチン日記

中国茶専門店・清香花楼

2015-03-16T08:18:52+00:00 June 21st, 2009|Categories: 中国茶ブログぼちぼち日記, 鉄観音 by ぼちぼち|Tags: , |

昨年の鉄観音を焙煎

引っ越ししたときに

眠っていたお茶たちが、けっこう出てきたのですが

私の保存が悪かったせいで

味や香りが残念なことになってるお茶がちらほら・・・(>_<)。

そのコたちを復活するべく

焙煎の日々です。

去年の春の鉄観音。

常温で壺に入れたままにしちゃってたのですが

案の定、酸化が進んでまして

試しにそのまま飲んでみたら

味がぼやけて、酸味が強くなってました (涙

さっそく焙煎して、

旦那がお土産で持って帰ってくれた

イチゴ大福と一緒に、その鉄観音をいただきました。

鉄観音と大福

苺大福は、

ピンク色のおもちの中に

あんこがぎっしり詰まってて

食べ応えがありました。。

さすが旦那チョイスです。

先ずはボリューム!

もちろん、おいしかったですよ(*^-^*)

食べ応えのある和菓子には

焙煎を効かせたお茶が合いますね(^^)

今回焙煎した鉄観音は

さすがに新鮮さはないですが

カドがとれて

丸みのある、やさしくて奥深い味になりました。

折角なので、この機会に

美味しい焙煎の研究をしようかなと思ってます。

そのうち、レポートいたしますね☆

中国茶の清香花楼

ジャスミン茶|鉄観音|武夷岩茶|鳳凰単叢|母の日カーネーション茶

2015-03-16T08:41:20+00:00 February 8th, 2009|Categories: 中国茶ブログぼちぼち日記, 鉄観音 by ぼちぼち|Tags: , |

観音王でくつろぎタイム

12月、師走ですね!

年末だけあって、イベントもごたごたも多い季節。

そう、なぜか物事は忙しい時に集中してやってくるもの。?

そんなときに、ふと飲みたくなるお茶が武夷岩茶鉄観音です。

観音王

飲んで、

ふーーーーーーーーっ

と一息ついて

また物事にとりかかる。

そんな気分転換に

もってこいなんですよね。

最近入荷された鉄観音の秋茶、

さすが秋茶!というだけあって

味も香りもよくて本当に、癒されます。

・・・が、たまに癒されすぎて、ぼんやり現実逃避をしております。

黄金色の観音王

今日は店長からいただいた

とっておきの観音王

くつろぎタイムです。

ふーーーーーーーー。。

中国茶の清香花楼

ジャスミン茶|鉄観音|武夷岩茶|鳳凰単叢|母の日カーネーション茶

2015-03-16T08:44:56+00:00 December 20th, 2008|Categories: 中国茶ブログぼちぼち日記, 鉄観音 by ぼちぼち|Tags: |

鉄観音の春茶と秋茶

中国茶の清香花楼鉄観音秋茶がやってきましたー!

ということで、今日は鉄観音について。

実は鉄観音は春から秋にかけてずっと収穫が可能なのです。

摘み取りの時期は大体4種類に分かれてまして

春茶は、谷雨-立夏(4月19日頃-5月5日頃)の間

夏茶は、夏至-小暑(6月21日頃-7月6日頃)の間

暑茶は、立秋-処暑(8月7日頃-8月22日頃)の間

秋茶は、秋分-寒露(9月22日頃-10月8日頃)の間

が目安になってますが、最近は温暖化の影響もあって、

春の摘み取り時期が予定よりも早まったり、

秋茶の収穫時期が、10月に入って暫くしてからという所も多くなってます。

産地によっても摘み取り時期は違うので、場合に応じて農家さんが判断されます。

さて、その中でも美味しいのは、春茶と秋茶ですが、

どちらが好みかも人それぞれです。

春茶は葉っぱがとても柔らかくて、

春らしい、とっても爽やかな香りと味わいがあります。

冬の間に休眠して蓄えられていた養分が、新芽にたっぷり♪

甘味があって、口当たりが軽いので、ほんとに春を味わってる気分になれます。

秋茶は、秋寒くなったら摘み取り開始です。

休眠前に栄養を蓄えようとするところをつみとっちゃいます。

葉っぱはちょっと硬めなのですが

味や香りのもとになる成分がたくさん含まれてるので

とっても濃厚な味と香りになるんですよねー。

葉っぱが育っている方がいいなら夏の夏茶や暑茶の方がいいのでは?

と思われるかもしれませんが、味はちょっと微妙でして(^^;)

香りが少なくて、渋みが強い。。。

日光と気温が高すぎて、葉が必要以上に硬く大きく成長しちゃうのと

葉っぱや樹の成長のために養分が消費されてしまうので

美味しい鉄観音には、なかなかなれないんです。

とまあ、長い説明になってしまいましたが

鉄観音は春茶も、秋茶もどちらも個性があるので

機会があれば両方お試しくださいね!

私はどちらかというと、秋茶派です(*^▽^*)

あの深い味わいと香りがたまりません♪

今年の出来はどんなかな???

中国茶の清香花楼

ジャスミン茶|鉄観音|武夷岩茶|鳳凰単叢|母の日カーネーション茶

鉄観音に寄せて

今日は鉄観音について。。

もう中国茶としてすっかりおなじみの鉄観音ですが、本当に美味しいですよね!

透き通るような香りと、喉から戻ってくる甘さ。くせになっちゃう味です。

鉄観音のことを書き出すともう止まらなくなっちゃいます (>ω<)

鉄観音はいろんな伝説があって、神秘的。

それに、どんな飲み方にも対応できるマルチなお茶だなと感じてます。

鉄観音を作るのは、とても大変だそうで

作り方云々はマニアックになっちゃうのでやめときますが

新茶の時期は不眠不休の交代制で頑張ってお茶をつくってるんです。

そんな茶農家さんの努力が、こんな美味しいお茶をつくるんだな

と、思いを馳せながら今日も一杯。。

鉄観音茶葉

安渓鉄観音

中国茶の清香花楼

ジャスミン茶|鉄観音|武夷岩茶|鳳凰単叢|母の日カーネーション茶

2015-03-16T10:27:30+00:00 October 10th, 2008|Categories: 中国茶ブログぼちぼち日記, 鉄観音 by ぼちぼち|Tags: , |

中国茶の販売について

2013年6月より当サイトでの中国茶通販は休業しております。
今後の中国茶販売についてなにか進展がありましたら、随時ホームページにてご案内をいたします。ご迷惑おかけいたしますが、何卒ご了承のほどお願い申しあげます。

姉妹ショップ ZENVAVA – 禅ファッション

禅ファッション - ZENVAVAは、禅意茶服/禅ドレス、数珠や念珠などの禅ジュエリー、中国茶器、花器、香道道具、禅インテリアなど、新しい概念「禅ファッション」をコンセプトとした越境ECサイトです。
ZENVAVA-禅ファッション