ブログメニューを見る

茶経9 茶器 風炉1

茶経9 茶器 風炉1
陸羽「茶経」の茶器について。風炉。易の卦の象徴的な意味。風炉は、金属(金)で作られていて、釜には湯(水)がある。燃料の木炭(木)が燃えて(火)、燃えると灰かす(土)になるので、五行すべてが均しく備わっている。病気は五臓から起こるが、風炉には万物の五元素があるので、茶はどんな病気にも効果がある、という趣旨になります。