Pre-loader
普洱茶・プーアール茶

普洱茶

散茶、小沱茶、陳茶など、雲南の良質な普洱茶(プーアール茶)を厳選いたしました。
熟茶と生茶のどちらも取り扱い予定です。

カテゴリメニューを見る
3 件を表示
すべてクリア

SKU: A08002

在庫状況: 在庫切れ

商品の種類:

こちらの商品ページの説明文は、旧サイトでの情報のままとなっております。販売再開の際に情報を新規更新いたします。どうぞご了承ください。 ◆ 宮廷普洱茶熟茶/宮廷プーアール熟茶(特級) ◆ 散茶プーアール茶の最高級、宮廷プーアール熟茶です。 雲南省の小葉種茶樹からとれた良質茶葉を、時間をかけてじっくり発酵させています。 茶葉に、金色の芽(金毫)がたくさんありますね。 金毫は、新芽の茶葉にある産毛(銀毫)が、発酵で金色になったものです。 丁寧に作られましたので、プーアール茶のクセのある臭みがほとんどありません! まろやかで、甘く、なん杯でも飲めますよ。 プーアール茶は消化を助けますので、食べ過ぎたとき、脂っこいのものたくさん食べたときなど、 ぜひ宮廷普洱茶熟茶(特級)をどうぞ! 普洱茶(プーアール茶)には、作り方で「生茶」と「熟茶」のふたつの種類があります。 生茶は、自然に発酵してできるプーアール茶です。 雲南の緑茶で、10年も20年も、何十年も自然のまま微生物発酵させます。 プーアール生茶のビンテージは、とても高価です。 熟茶は、雲南緑茶を「渥堆」という方法で発酵させたプーアール茶です。 渥堆は、1970年くらいから始められました。 茶葉を積んで、温度と湿度を加えて、微生物発酵させます。 早ければ1年-数年で、とてもまろやかな味になります。 ◆ プーアール茶(散茶)のおいしい飲み方 ◆ 茶器(小さめの200ccくらいのポット、紫砂壺)とプーアール茶を用意します。 茶器に沸騰したお湯を入れ、茶器を温めます。(茶器を温めますと茶葉が開きやすくなります。) 茶器が温まったらお湯を捨てます。 温まった茶器の中にプーアール茶を3g程度入れます。 沸騰した熱湯を注ぎます。(*必ず沸騰させたお湯をご使用ください) すぐにお湯を捨て、洗茶をします。洗茶をしますと雑味がとれ、美味しくなります。 再度、茶器に熱湯を注ぎます。 お湯を注いでから30秒ほど待って、お召しあがりください。 2煎目以降も熱湯で淹れてください。 5-6煎お楽しみいただけます。 原料産地 中国雲南省勐海県 生産時期 2008年 お湯温度 95℃-100℃ 保存方法...

¥0

SKU: A08003

在庫状況: 在庫切れ

商品の種類:

こちらの商品ページの説明文は、旧サイトでの情報のままとなっております。販売再開の際に情報を新規更新いたします。どうぞご了承ください。 ◆ 一号普洱熟茶散茶/プーアール熟茶 ◆ 散茶プーアール茶の最高級、一号普洱熟茶散茶(プーアール熟茶)です! 雲南省の小葉種茶樹からとれた良質茶葉を、時間をかけてじっくり発酵させています。 茶葉に、金色の芽(金毫)がたくさんありますね。 金毫は、新芽の茶葉にある産毛(銀毫)が、発酵で金色になったものです。 丁寧に作られましたので、プーアール茶のクセのある臭みがほとんどありません! まろやかで、甘く、なん杯でも飲めますよ。 プーアール茶は消化を助けますので、食べ過ぎたとき、脂っこいのものたくさん食べたときなど、 ぜひプーアール熟茶をどうぞ! プーアール茶には、作り方で「生茶」と「熟茶」のふたつの種類があります。 生茶は、自然に発酵してできるプーアール茶です。 雲南の緑茶で、10年も20年も、何十年も自然のまま微生物発酵させます。 プーアール生茶のビンテージは、とても高価です。 熟茶は、雲南緑茶を「渥堆」という方法で発酵させたプーアール茶です。 渥堆は、1970年くらいから始められました。 茶葉を積んで、温度と湿度を加えて、微生物発酵させます。 早ければ1年-数年で、とてもまろやかな味になります。 ◆ プーアール茶(散茶)のおいしい飲み方 ◆ 茶器(小さめの200ccくらいのポット、紫砂壺)とプーアール茶を用意します。 茶器に沸騰したお湯を入れ、茶器を温めます。(茶器を温めますと茶葉が開きやすくなります。) 茶器が温まったらお湯を捨てます。 温まった茶器の中にプーアール茶を3g程度入れます。 沸騰した熱湯を注ぎます。(*必ず沸騰させたお湯をご使用ください) すぐにお湯を捨て、洗茶をします。洗茶をしますと雑味がとれ、美味しくなります。 再度、茶器に熱湯を注ぎます。 お湯を注いでから30秒ほど待って、お召しあがりください。 2煎目以降も熱湯で淹れてください。 5-6煎お楽しみいただけます。 原料産地 中国雲南省勐海県 生産時期 2009年 お湯温度 95℃-100℃ 保存方法...

¥0

SKU: A08001

在庫状況: 在庫切れ

商品の種類:

こちらの商品ページの説明文は、旧サイトでの情報のままとなっております。販売再開の際に情報を新規更新いたします。どうぞご了承ください。 ◆ プーアール茶 雲南小沱 ◆ 雲南小沱(ユンナンシャオトウ)は、お碗の形をした固形プーアール茶です。 小葉種茶樹から作った良質なプーアール茶を、お碗の形にかためています。 ゆっくり発酵させた熟茶ですので、まろやかで、甘みがありますね。 1個で大きめのポットに淹れられますので、たくさん飲めます。 プーアール茶は消化を助けますので、食べ過ぎのとき、脂っこいのものたくさん食べたとき、おすすめです! プーアール茶は、茶葉の状態で「散茶」と「緊圧茶」のふたつの種類があります。 散茶は、発酵後の茶葉のかたちそのままのプーアール茶です。 散茶プーアール茶のなか良質なものが、宮廷普洱茶熟茶です。 緊圧茶は、散茶(荒茶)を型で圧縮して、かためた固形のプーアール茶です。 円盤の形をした七子餅茶、正方形の方茶、籠入りの六堡茶など、いろいろな種類があります。 お碗の形のものを沱茶といって、そのミニサイズが雲南小沱です。 昔の雲南とチベットの貿易路を、茶馬古道と言います。 お茶商人が持ち運びしやすいように、茶葉をかためて運びました。 長い旅の途中で、茶葉が水や湿気で湿り、自然に発酵が進みました。 それがプーアール茶の起源という説もあります。 ◆ プーアール茶(小沱)のおいしい飲み方 ◆ 茶器(小さめの200ccくらいのポット、紫砂壺)とプーアール茶を用意します。 茶器に沸騰したお湯を入れ、茶器を温めます。(茶器を温めますと茶葉が開きやすくなります。) 茶器が温まったらお湯を捨てます。 温まった茶器の中に小沱茶を1個入れます。 沸騰した熱湯を注ぎます。(*必ず沸騰させたお湯をご使用ください) すぐにお湯を捨てます(洗茶)。洗茶をしますと雑味がとれ、美味しくなります。 再度、茶器に熱湯を注ぎます。 お湯を注いでから30秒ほど待って、お召しあがりください。 2煎目以降も熱湯で淹れてください。 5-6煎お楽しみいただけます。 原料産地 中国雲南省勐海県 生産時期 2012年 お湯温度 95℃-100℃ 保存方法...

¥0
Pre-loader