鳳凰単叢

清香花楼:/鳳凰単叢
鳳凰単叢2017-04-09T17:07:53+00:00

ありがとうございます。鳳凰単叢、完売いたしました!
次回の入荷は未定となっております。大変申しわけありません。

 

◆ 極上の烏龍茶 鳳凰単叢

鳳凰単叢は、広東省潮州市の潮安県鳳凰山だけで生産されます、極上の烏龍茶です♪
鳳凰単叢(「木」辺に「叢」の字がほんとうです)は、fenghuang dancong(フェンファンタンツォン)と発音します。
数百年の歴史と、何十種類以上の茶樹があるといわれていますが、どれも「一株の木」の茶葉だけで製茶されるのです。
それで、「単叢」というのですね。
鳳凰単叢の古い株の茶樹は「宋種」と呼ばれています。それは、こんな伝説あります。
南宋の時代、皇帝が鳳凰山を通っていたとき、喉がとてもかわいて、鳥のくちばしに似た葉をせんじて飲んだところ、
とても美味しくて感動しました。それからそのお茶をたくさん植えるようになり、「宋種」という名がついたそうです。
鳳凰単叢は、常温密閉保存で発酵が進んで、味が変化します。
そのため賞味期限が長く、年数のたった単叢を好むファンのかたもいます。
お茶酔いするような香りと味で、新しい中国茶の世界を感じられますね。

 

◆ 鳳凰単叢の産地・広東省潮洲市鳳凰山 ◆

鳳凰単叢の産地は、広東省の東側、福建省の近くの潮州の鳳凰山です。
昔からの烏龍茶の産地で、南で暑い広東省ですが、お茶の産地は標高が高いので、涼しく安定した気候です。
鳳凰山の中でも、頂上に位置する烏(ウー)ドン村は、特に良質のお茶がとれるので有名です。

鳳凰単叢の産地・鳳凰山烏ドン

鳳凰単叢生産の茶農家さん

鳳凰山でお茶を作り続けて40年の蘆さん夫婦です。
蘆さんの作るお茶は香りに華があります。
鳳凰単叢は、段々畑のようにした斜面に「挿し木」をして、茶樹を増やします。
お茶の品種によって香りや味が違うので、同一品種を増やします。
鉄観音や緑茶と違って、お茶の木を自然に任せて育てます。
肥料も与えないで、自然の力で育てます。
人が登らないと摘めないお茶の木もたくさんあります。
成長が遅いので、人の高さくらいになるまで15年はかかります。
写真(右下)くらいの大きさになるには、160年必要だそうです。

鳳凰単叢の産地

お茶の木には、長い年月を感じさせるコケも生えてます。
本当に摘み取りが大変なお茶だと思います。
また、大木になった単叢は、「老叢」として、大切に扱われます。
同じ優秀な品種を育てるため、大木から「挿し木」をして、増やします。
老叢は新芽の数が少なく、摘み取りも大変なので、とても貴重です。

鳳凰単叢の茶木・茶葉

虫が茶葉を食べることがあっても、そのままです。
標高の高い烏ドン山では、虫も病気も少ないので農薬も使いません。
なので、鳳凰単叢はとても力強い香りと味がします。
甘くて苦い、爽やかで花の香りがふんわり、不思議な味と香りの鳳凰単叢。
一口で酔うような気分で、一杯のお茶で幸せになれます。

 

鳳凰単叢

ただいま 新世代中国茶品牌-清香花楼マーケットプレイス禅ファッションZENVAVA の2つのストアにて中国直送販売をしています。