工芸茶の生産休止につきまして

原材料茶葉の高騰、ジャスミン畑の減少、また、職人さんの不足などにより、福建省福安の提携工場が、2013年より工芸茶のオーダー生産を休止しています。いつくかの工場に工芸茶の試作をお願いしたり、既製品の試飲をしたりしたのですが、「飲んで美味しい」という品質のものを見つけることができず、工芸茶の販売を休止させていただいております。大変申しわけありません。今後の生産、販売についてなにか新しい進展がありましたら、随時ホームページにてご連絡をいたします。どうぞご理解ご了承のほどお願い申しあげます。
長い休業でお客様には多大なご迷惑をおかけしてしまい、本当に申しわけありません。皆様がそれぞれにとって良い中国茶に出会えますよう、心より願っております。

見て綺麗、飲んで美味しい工芸茶

清香花楼チンシャンファーロウの工芸茶が美味しいヒミツ

工芸茶は高級白茶をベース茶葉に使います。

1.ベース茶葉に高級白茶を使用

ベース茶葉は福雲という良質な白茶を使用しています。福雲はとても貴重な銀針(インチェン)のとれる白茶の種類で、繊細な味と甘い香りが、お茶好きなかたに愛されています。

職人さんの手づくり工芸茶

2. 職人さんの愛情のこもった手づくり

職人さんが白茶の茶葉を編みこみ、その中に千日紅やジャスミン、百合、カーネーションなどのお花を、糸で編み入れます。「綺麗に咲いてね!」という想いをこめて大切に作っています。

工芸茶を100%天然のお花で香りづけ

3. 100%天然の花で何回も香りづけ

朝に摘んだ新鮮なジャスミンのつぼみの中に工芸茶をねかせて香りづけをします。つぼみが花を開くとき一番良い香りを放ちます。この香り移しの作業を何回も繰り返します。

店長の李雲清が交渉して現地工場にオーダー生産します。

4. オンリーワンの特注生産

店長の李雲清が現地工場と直接コミュニケーションをとりながらオンリーワンの特注生産をします。無駄な流通をカットし、品質保持のために茶葉の詰め替え回数を最小限におさえています。

日本の検査機関にて工芸茶を自主検査

5. 日本国内での安全検査を実施

ポジティブリスト制に対応した日本の専門分析機関で、工芸茶の原材料(茶葉と花)の自主検査を毎シーズン実施して、安全性の確認に継続的に努めています。

工芸茶ご感想

お客さまからいただいた工芸茶のご感想

2006年に開店をした小さくて目立たないお店でしたが、たくさんのお客さまに工芸茶をご購入いただき、ご感想やお手紙をいただきました。ありがとうございます!

工芸茶の入れ方・飲み方についてはこちら! → 工芸茶飲み方(画像つき)

見て綺麗、飲んで美味しい工芸茶、そのヒミツは?
ユンチン

こんにちは(はじめまして、かな)
清香花楼チンシャンファーロウの李雲清(リ・ユンチン)です♪
みなさん、工芸茶って、知っていますか?
工芸茶は、お湯をそそぐと、中からお花の咲く中国茶のことなんです。
工芸茶の写真はとても綺麗なので、「飲んでみて、味や香りは、どうなのかしら。。。」
と、ちょっと不安なかたもいっぱいいますね。
でも、安心してください!
清香花楼チンシャンファーロウの工芸茶は、工場オーダー生産!
見て綺麗なだけじゃなくて、飲んでも、ほんとうとても美味しいです♪

どうして清香花楼チンシャンファーロウの工芸茶が美味しいのか、
そのヒミツを、これから、簡単に説明しますね。

工芸茶の美味しいヒミツ1

春の新芽の高級白茶(銀針)を使っています!

工芸茶の茶葉

工芸茶は、こんな感じの、可愛いかたちしてますね。
(まるっこい他に、きのこみたいな形やハートの形もあります。)

この、まわりの茶葉が、写真の福雲(fuyun フーユン)という白茶(baicha パイチャー)です。
福雲(fuyun フーユン)は、中国茶のなかでも生産の少ないとても貴重な銀針(yinzheng インチェン)のとれる白茶の種類で、繊細な味と甘い香りが、お茶好きなかたに愛されています。

工芸茶の一番の原産地は、福建省福安市や福鼎市です。
安徽省黄山でも、緑茶をいろいろな形に編む造形茶(緑牡丹茶など)が発明されました。
ただ、ジャスミン茶と同じように、できあがった茶葉にジャスミンの花で香りをつけるという工芸茶は、福建省福安ではじめて作られたと言われています。

福建省福安産の、この福雲(フーユン)は、もともといい茶葉なのですが、清香花楼チンシャンファーロウの工芸茶は、その春の新芽だけを使っています。
毎年3月末-4月はじめ、1芯1葉、1芯2葉でていねいに手摘みして、若い芽の柔らかい芯のところだけを、手作業で選別します。

芽の部分を使うことで、工芸茶の味はまろやかで、ほんのり甘くなりますね☆
春の新芽の高級白茶だけ使っています♪

これが、清香花楼チンシャンファーロウの工芸茶の、美味しいヒミツの「1」ですね。

工芸茶原材料の白茶 茶摘み
工芸茶の美味しいヒミツ2

茶葉とお花の編みこみも職人さんの手づくりです!

工芸茶は、この最高級の白茶の茶葉のなかに、千日紅やジャスミン、カーネーション、百合、キンモクセイ、キンセンカなどのお花を、糸でひとつひとつ編み入れます。
これが、ぜんぶ職人さんの愛情のこもった手づくりなのです☆
「綺麗に咲いてね!」という想いをこめて、大切に作っていますね!

茶葉を編み、花を入れる作業も、一粒一粒、ぜんぶ手づくりしています♪

編みこみは、桃のかたち、きのこのようなかたち、親指みたいなかたち、