鉄観音

清香花楼:/鉄観音
鉄観音2017-04-09T17:05:57+00:00

鉄観音・2012年の秋茶 ありがとうございます。完売いたしました!
次回の入荷は未定となっております。大変申しわけありません。

◆ 鉄観音 産地と等級について ◆

安渓鉄観音は、土地と茶樹の品種で半分が決まって、あとの半分が、天気と製茶で決まります。
鉄観音の産地は、福建省の安渓。安渓の中でも「内安渓」が、とても美味しい鉄観音の産地といわれています。
内安渓で有名なのが、西坪(シーピン)、感徳(ガンダー)、祥華(シャンファー)の三つの産地です。
鉄観音は、その年、その季節で出来が変わるので、清香花楼では、仕入れ先を固定せず、
その都度試飲して吟味し、良い状態の鉄観音を入荷するようにしています。
その中でも、最も良い鉄観音を「観音王」の名で販売しています。
等級は、 観音王 > 極品鉄観音 > 安渓鉄観音特級 > 安渓鉄観音一級 の順になります。
シーズンにより、未入荷の等級もあります。どうぞご了承ください。

◆ 清香(チンシャン、軽い焙煎)の鉄観音について ◆

日本でもとても有名な「鉄観音」。
昔は、焙煎のこい茶色の鉄観音が主流でしたが、最近は、福建省の農家さんや工場でも、
軽い焙煎の「清香(チンシャン)」のものがたくさん作られています。
とても清らかな香りが楽しめますね!
清香の鉄観音は、蘭やキンモクセイのような花の香りします♪
ですので、はじめて清香の鉄観音を飲むかた、みなさんびっくりされます。
毎日飲んでもぜったい飽きない☆ 「虜」になる!
黄金色の、魔法の香りの鉄観音です♪

安渓鉄観音の茶畑・店長ユンチン

◆ 鉄観音の美味しい入れ方 ◆

1、茶器に沸騰したお湯を入れ、茶器を温めます。
(茶器を温めますと茶葉が開きやすくなります。)
2、茶器が温まったらお湯を捨てます。
3、温まった茶器の中に鉄観音を3g程度入れます。
4、温まった茶器で鉄観音の香りが出ますので、まず香りを確かめます。
5、沸騰した熱湯を注ぎます。(*必ず沸騰させたお湯をご使用ください)
(洗茶をしていただいても構いません)
6、お湯を注いでから1分程度待ってから、お召しあがりください。
聞香杯を使用して香りを楽しんでいただくこともできます。
7、2煎目以降は、茶葉が既に開いておりますので
温度の低めのお湯(90℃くらい)で淹れても美味しくいただけます
5〜6煎お楽しみいただけます。
<茶葉の量の目安>
150〜200ccの茶器…3g、500ccの茶器…5g、700cc以上の茶器…7g

 

鉄観音

ショッピングサイトをリニューアルし、新世代中国茶品牌-清香花楼マーケットプレイス として再開いたしました。