鴨屎香

清香花楼:/Tag:鴨屎香

鳳凰単叢鴨屎香

「中国で一番飲まれているお茶は緑茶」というのが定説で、10年くらい前の情報だと「7割から8割が緑茶」ということになっています。
その比率が生産量なのか消費量なのかよく調べたことはないのですが、そういう数字をだしている機関がどこかにあったのは確かなのだろうと思います。

ただ、御存知のように中国は無暗矢鱈と広く、福建省の一部の地域にしか住んだことのない私としては、「中国で一番飲まれているお茶は緑茶」と言われても、素直にそうだと得心もできず、「???」というクエスションマークが頭の上についてしまいます。

体感的には、福建省ではやはり烏龍茶がよく飲まれていて、10年前の福州だと7割から8割が鉄観音、あとの半分は武夷岩茶、残りの半分がそれ以外、という印象でした。

最近になって、正山小種や金駿眉などの武夷紅茶、また福鼎白茶が怒涛のトレンドとなり、知り合いの家にちょっとお邪魔するととりあえず小種紅茶がでてくるということも珍しいことではなくなったような気がします。いまのアモイだと鉄観音の体感比率は4割から5割くらいに低下しています。まあ、あくまでも個人的な体感ですが。

もちろん福州やアモイで緑茶が飲まれていないわけではなくて、春の新茶の時期には前回のブログ(と言っても半年以上前の記事ですが、、)でも触れた龍井茶など街の茶館の店頭でもちらほら見かけます。ただ、一年を通じての流通量は、上海や杭州と比べたら圧倒的に少ないのではないかと思います。

この龍井茶と同じように、銘茶であるにも関わらず福建であまり消費されていないお茶として、鳳凰単叢があります。

単叢は、広東省潮州市鳳凰鎮烏ドン山の特産烏龍茶で、薫り高く、贔屓目なしで評してもすごく美味しいと思うのですが、福建と雲南という二大産地に挟まれているためか、どういうわけか地元(のはずの)広東のマーケットでも劣勢苦戦しているという、なんとも不遇を託つ茗茶のように語られてきました。

ところが、その不遇のイメージから脱却するような兆しがここ一二年で感じられます。その象徴が、鳳凰単叢鴨屎香(ヤースーシャン)の流行で、その名前からは俄かに信じがたいのですが、蜜蘭香よりも蜜蘭だということで、単叢フリークの間ではいまや蜜蘭香と人気を二分するまでポピュラーになっています。

私がはじめて鴨屎香を飲んだ時には、実は名を知らずただ単叢ということでいただいたのですが、一口飲んで爽やかに広がる回甘の強さに感動し、「これはなんという名の単叢ですか、まったく苦味がありませんね」と、目の前の、茶を淹れてくれた褐色の女性に尋ねると、こういう問いをもう幾たびもやり過ごしたのだろうと察せられる不敵な笑みをうかべて、傍らの鉄缶の蓋に印刷されている文字「鴨屎香」をコンコンと指さすので、その字が私の目にうつり意味の咀嚼をこなそうとしても、どうにも茶そのものの滋味と字の解釈がちぐはぐで咄嗟に言葉を返すことができず、茶ではなく女性の着ているやや艶やかすぎるのではないかとその時思ったマゼンタ色のブラウスの襟を数秒間じっと見つめていたのを思い出します。

というわけで、私の中で鴨屎香という茶の不可解さは艶やかなマゼンタのブラウスと結びついているのですが、これはまさに一期一会とでも呼ぶべきものかもしれません。理屈の立たない連想ですが、私にとってはいままで一番美味しい単叢で、この先も同じ味には二度と会えないだろうと確信しているからです。「美味しい」という感動は往々にして一回性のもので、同じ条件下においてもその感動は反復されません。だからこそお茶は「美味しい」のだと思います。

 

茶商によっては、鴨屎香は大烏葉の別称で、大烏葉単叢の清香タイプが鴨屎香だと説明する人もいます。つまり、鳳凰単叢も鉄観音のように焙煎の軽い清香製法が編み出されて、それが鳳凰単叢の新しい普及に一役買っているということです。

単叢の清香製法は「抽湿」と言われ、焙煎加工の最後に真空状態マイナス40度で冷却をして、その急激な温度変化によって茶葉から水分を抜き去ってしまうという製法です。機会があれば間近で見てみたいものですが、ただ漫然と見てもどうしてこれで茶葉そのものの自然の甘味が顕在化するのかは化学的に理解できないだろうと思います。茶師自身に成分分析的な発想はないので、かなりのトライアンドエラーで生み出された技術に違いありません。

上の画像の鴨屎香も、いままでの伝統的な焙煎の単叢とは違って、だいぶ緑色をしています。茶葉だけ見てこれは単叢かと言われても、私はたぶん分かりません。火入れが軽い茶葉だというのは分かりますが、実際の製造直後はもっと鮮やかな緑色で、常温で保存している数か月の間に色合いが徐々に変化したのではないかと想像します。

抽湿法の鴨屎香が一過性のブームで終わるのか、それとも清香鉄観音のように定着するのかの見きわめは、もうしばらく時間の経過が必要かもしれません。

中国茶の販売について

2013年6月より当サイトでの中国茶通販は休業しております。
今後の中国茶販売についてなにか進展がありましたら、随時ホームページにてご案内をいたします。ご迷惑おかけいたしますが、何卒ご了承のほどお願い申しあげます。

姉妹ショップ ZENVAVA – 禅ファッション

禅ファッション - ZENVAVAは、禅意茶服/禅ドレス、数珠や念珠などの禅ジュエリー、中国茶器、花器、香道道具、禅インテリアなど、新しい概念「禅ファッション」をコンセプトとした越境ECサイトです。
ZENVAVA-禅ファッション