qingxianghualou

清香花楼:/qingxianghualou

About qingxianghualou

This author has not yet filled in any details.
So far qingxianghualou has created 630 blog entries.

坦洋工夫紅茶

春なので自然に緑茶が飲みたくなるのですが、この冬はずっと坦洋工夫紅茶を飲んでいて、朝の習慣になってしまいました。
坦洋工夫(tanyang gongfu タンヤンコンフー)というのは、福建省福安市坦洋村産の紅茶です。

福安は、工芸茶ジャスミン茶の産地でもあるのですが、もともとは紅茶の名産地でもありました。
ここ数年の中国での紅茶ブームのお蔭で、この銘柄も息を吹きかえしたかのようです。
福安市内にはあちこちにこの銘柄の派手な看板や広告があり、もはや完全に紅茶の町になっています。
郊外には人口の半分以上がお茶で生計を立てている村もあるので、日本人的に言うならば、さながら
「紅茶で村おこし」ということになるかと思います。

味のほうは、なんともいえないまろやかさと、舌全体をふわりと包みすうっと徐々に広がる微妙な甘さが特徴です。
ミルクや砂糖なしで十分に甘みがあり、ストレートで啜って味の広がりや口中での変化を楽しみます。
芳醇というような形容がふさわしい茶葉で、ほかにいい表現が思い浮かびません。

質はやはりピンきりなのですが、そこそこの値のものでゴールデンチップ盛りだくさんの茶葉に出会えます。
ゴールデンチップというのは、金色に見える芽のことで、新芽のいいとこどりのようなものです。
この按配が味の奥行に一番影響しているので、高値のものはすべてゴールデンチップだったりもしますが、
普段飲みにはあまり、、、(以下略)という気もします。

小売でものすごい気合のはいった高級パッケージ品がべらぼうな値で売られていることもあり、
もちろんそれはそれで一つの商売なのだろうとは思うのですが、
お茶本来の存在意義からは離れてしまうので、個人的にはちょっと複雑な気持ちにもなります。
(もっとも、ギフトとしての需要は確かにあるので、その路線自体を決して否定はしません。
というか、要はそれが成り立ってしまうだけのマーケットがいまの中国にはあるということなのですが。)

ただ、坦洋工夫はまだ知名度が美味しさを凌駕していない銘柄なので、良質のロットが入手しやすいという面もあります。
お茶好きにとっては間違いなくコスパのいい茶葉に入るでしょう。
正直、これを飲んでいるとほかのお茶が飲めなくなってしまいます。

工夫というと、日本語では「くふう」で、あれこれ創意工夫するの工夫です。
中国語の工夫(カンフー)はというと、音が同じなので、ついつい功夫(カンフー)を連想してしまいます。
ちょっと検索すると、ふたつの言葉が同じように使われているケースもあるようで、へえと思いますが、
お茶のほうでは「工夫茶法」として有名で、茶壺にお湯をかける中国茶の飲み方として日本でもよく紹介されます。

てっきり坦洋工夫の「工夫」もそこから派生したのだろうと思っていたのですが、
どうも事情は逆のようで、時代をさかのぼると、19世紀には工夫茶=福建紅茶として意味が定着していたようです。
当時の福州の税関に「South China Congou(=Gongfu)」という項目があり、もっぱら紅茶のことを指しています。
19世紀アメリカ人は朝ベッドの中で砂糖たっぷりの紅茶を飲んでからでないとベッドから起きあがれないという習慣を持ち、
また、英国人のアフタヌーンティーで「Cougou/カングー」といえば、福建紅茶=ブラックティーの等級の一つでした。
もともとは、武夷山の紅茶のことで、「小種スーチョン」に次ぐ等級の呼称として使われていたようです。

工夫茶=紅茶という言葉が普及すると、華南や台湾の茶人の間では、いつの頃からか自分たちの茶の飲み方を
「工夫茶法」と名づけるようになり、それを商売に応用しました。
なので、いま知られている中国茶の入れ方(中国茶芸)は、日本の茶道のような伝統というよりも、
むしろ、20世紀の中国茶産業が生み出した拡販ツールという性格のほうが強いといえます。
実際に陸羽の「茶経」を読んでみると、そこで描写されている茶道具には、日本の茶道のほうにこそその面影を感じます。

目下の坦洋工夫と18-19世紀のアメリカ人・英国人の味わっていたカングーがどこまで相通じるかは定かでないのですが、
クセになるというか中毒性があるというか、まことにお茶は嗜好品であるという点において時代と場所は問わないということなのでしょう。

ちなみに、現在の坦洋工夫の輸出先はロシアがメインのようです。

金門島

アモイからフェリーで行くのは、

この前のコロンス島のほかに、金門島があります。

金門島は中国大陸に一番近くある台湾の島で、

アモイからフェリーで50分くらいです。

とても近いので、日帰り台湾旅行ができます☆

上の写真は、莒光楼(ジークアンロウ)という建物です。

赤いのは電話ボックスで、あまり使う人いないのですが、

「金門」の字があるが有名で、みんなこの写真を撮ります笑

1階が休憩できるところになっていて、

2階にのぼると蒋介石の展示品や望遠台があります。

海の向こうまん中にうっすら見えますのがアモイの島です。

(写真が逆光でごめんなさい。。)

莒光楼ともうひとつ有名な観光地が、得月楼(デーユエロウ)です。

水頭集落というむかしの建物を残しているところにあります。

中国風とヨーロッパ風のまざった建物で、

これは、インドネシアやマレーシアに移民した華人が

あとで金門島にもどってきて建てました。

いろいろ展示や壁飾りがあって、

食べ物や洋服など、移民の人たちの生活を再現しています。

模様がとても綺麗ですね。

それから、金門島は自然も綺麗で、道路は日本そっくりです。

でも、むかしの建物を修復して残しているところもあって、

散歩していると、ちょっと不思議な感じになります。

町の中心に、模範街というレンガの通りがあります。

おみやげ屋さんや食堂が多いですね。

獅子の像は、風獅爺という金門島の神さまで、

町じゅうによく立っています。

島の人を守っているですね。

金門島でのんびり旅行、おすすめです☆

茶を飲む人数と碗数について

だいぶ間が空いてしまいましたが、陸羽「茶経」を読む12回目です。

基本的に「茶経」第6章を読み進めるかたちでブログを書いていましたので、

今回は第6章の最後の段を読んでみたいと思います。

「さて美味で香り高い茶は、その碗数は三。これに次ぐ碗数は五。

もし座客の数が五人になれば三碗を行い、七人になれば五碗を行う。

もし六人以下なら、碗数を定めない。

ただ一人分だけ足りないときは、その雋永(ぜんえい)で欠けている人の分を補う。」

(引用元:布目潮渢「茶経詳解」淡交社 167ページ)

ここは、どうもよくわかりにくい箇所です。

布目さんの解説でも、正直、上記の訳以外に解説らしい解説はなく、

「理解の不十分な点を残した」と締めくくっています。

淡交社「茶経詳解」より前、1976年初版の東洋文庫「中国の茶書」においては、

「茶会の常式は奇数の人と定めているが、

偶数の人の時はとくに定めがないということであろうか。」

と書いています。

原文もいたってシンプルで、どう意味を補えばよいか手がかりはありません。

先ず、「碗数」というのが、

茶器の数なのか、茶を淹れる回数なのかがわかりません。

どちらにも解釈できるように読めますし、

また、どちらも間違っているようにも読めます。

茶器(茶碗)の数と解釈すると、

五人で茶を飲むのに三つの茶器、七人で飲むなら五つの茶器、

六人以下なら茶器の数を決めないということになり、

文意そのものは通るには通りますが、

数を指定することになんの意図があるのか不明です。

五人で茶を飲むなら五つの茶器をそろえればいいのではないか

という素朴な疑問が解消されません。

また、碗数を茶を淹れる(煮る)回数と解釈すると、

五人で茶を飲むのに三回、七人なら五回、

六人以下なら回数を定めないということになり、

これも意図のよくわからない文章になります。

そもそも五人のことで数を定め、しかし六人以下では定めないというのも、

五人は六人以下なのだから土台矛盾な表現で、

布目さんは、六人以下というのを偶数と解釈すべきかと言っていますが、

そうすると、六人や四人の偶数で茶を飲むことと、

三人や五人の奇数で茶を飲むことのあいだに

いったいどんな違いがあるのかわかり兼ねます。

もしかしたら、陸羽のよって立つ「易経」の世界観に照らして、

三、五という奇数になにか特別な意味を見ることができるかもしれませんが、

「茶経」四章のように道具の数にこだわるのとは違って、

茶を飲む集いの人間の数にこだわるのは、

あまりニュートラルではないと思われます。

最後の文「一人分だけ足りないときは、雋永で補う」の「雋永」は、

「第一煮の味のすぐれているところ」の意です。

茶器が一人分足りないのか、茶の分量が一人分足りないのかわからないのですが

その足りない分は、はじめの茶の一番美味しいところで補うということで、

ここもどうにも文意がつかみにくい箇所です。

補うためにはじめにとっておくのなら、それは足りないわけではありません。

足りているのでそれで補えるわけで、

本当に足りないのなら、補えないということになります。

原文は「但闕一人而已、其雋永補所闕人」です。

ここはもしかしたら、一人分の茶が足りない、というのではなく、

茶を飲むべき人が一人足りない、ということかもしれません。

一人足りないなら、茶でその足りない人の不在を補おう、

その人のために一番美味しい茶をとっておこう、

もしくは、その人のために美味しい茶を飲もう、と敷衍できます。

こう読むのなら、文意が成り立つのではないかと思います。

ただ、いずれにせよ、この段で陸羽がなにを表現しようとしたのか、

いまひとつよく理解ができません。

また機会があれば考えてみたいと思います。

追記
私がこのブログをさぼっている間に、布目さんの「茶経詳解」が文庫化されていました。
しかもKindle版まであります。中国史や中国茶に興味のある方はぜひご一読を。

茶経
2017-01-17T15:18:36+00:002014年12月22日|Categories: 中国茶ブログぼちぼち日記, 陸羽「茶経」 by ぼちぼち|Tags: , , |

コロンス島

コロンス島は、アモイでとても有名な観光地です。

アモイに引越してからは、とても近いので、もう何回か遊び行きました。

輪渡舟場からフェリーにのってすぐです。

ほんとは橋をつくれると思うのです。

でも、橋になるとみんな旅行の気分なくなるので

わざと橋を作らないのかな?

フェリーにのるのは、混んでるとき、すごく並びます。

夏休みや連休は、混みすぎですので、あんまり行かないのがいいです。

最近のコロンス島は、中国人が多いです。

10年前は、海外の観光客も多かった思い出あります。

いろいろお買い物するお店たくさん!

工芸茶も見つけました☆

お洒落なお茶屋さんもあります。

缶がかわいいですね。

日光岩にのぼると、アモイの街がよく見えます。

不登日光岩不算到廈門です!

お花も綺麗で、よく結婚写真をとっているカップルさんいます。

外で撮影は衣装やお化粧たいへんみたいです。

コロンス島は、海辺でも遊べますね。

わたしは子どもとカニをつかまえました!

鄭成功の像も立っています。

鄭成功のお母さんは、実は日本の人なんです。

それから、なんでか、相田みつをの箱を運んでいるおじさんがいました。

箱の中はなんだったのかな??

Etsyで工芸茶販売中です。
福建省アモイから発送いたします!
日本までお届けに時間かかってしまいますが、とてもいい出来の工芸茶なので、ぜひ試してみてくださいね。

2015-04-13T07:20:39+00:002014年12月8日|Categories: 店長ユンチン日記, アモイの生活 by ユンチン|Tags: , |

アモイ市のお花 三角梅

こんにちは!

おひさしぶりの日記なりました。

わたしは、いま家族で、福建省のアモイに住んでいます。

アモイに引越して、もう1年以上なりました。

またすこしずつ日記書いてみたいなと思います。

写真は、今年の春に公園でとりました。

中国語の三角梅という名まえの公園です。

とっても綺麗に咲いていました☆

三角梅は、日本語でブーゲンビリアですね。

bougainvillea2.jpg

三角梅は、アモイにあっちこちたくさんあって、市のお花になっています。

深圳や海南島、沖縄でもたくさん咲いていますね。

アモイは、濃いピンクのと、白のピンクのまざっているのが多いです。

ピンクのは葉っぱで、まん中の白いのが、ほんとのお花なんです。

bougainvillea6.jpg

bougainvillea5.jpg

bougainvillea3.jpg

この日はいいお天気の日曜日で、たくさん人が来ていました。

清香花楼のホームページの新しい私の写真も、この日にとりました。

なにかコスプレみたいのしてる人もいましたね。

Etsyで工芸茶販売中です。
福建省アモイから発送いたします!
日本までお届けに時間かかってしまいますが、とてもいい出来の工芸茶なので、ぜひ試してみてくださいね。

とってもとっても綺麗なお茶の玉。ほんとうに手づくりされた工芸茶で、、

工芸茶ご感想

 

「とってもとっても綺麗なお茶の玉。ほんとうに手づくりされた工芸茶で、パッケージも素敵。

個包装パッケージなので、味や香りの品質も保持してくれますね。なくなったらまた買います!」

(イギリス・Jade Forbes さま)

 

Etsy工芸茶専門店・清香花楼チンシャンファーロウにてご注文のお客様よりレビューをいただきました。
ありがとうございます!

2017-02-03T22:11:12+00:002014年11月16日|Categories: 花茶美人, 工芸茶レビュー|Tags: |

Etsyサイトにて工芸茶の茶葉のみを販売しています。


Etsyにて工芸茶販売中!

現在、Etsyサイトにて、工芸茶の茶葉のみを販売しています。

中国福建省アモイから国際郵便で発送いたします。日本へは、2週間〜3週間くらいでのお届け予定です。

Etsy工芸茶専門店・清香花楼チンシャンファーロウ

よろしくお願いします。

中国茶専門店|中国茶日記|中国茶ブログ|ジャスミン茶通販|花茶|カーネーション花茶
ジャスミン茶|鉄観音|武夷岩茶|鳳凰単叢|母の日 工芸茶プレゼント

2017-01-17T15:18:36+00:002014年8月21日|Categories: 中国茶ブログぼちぼち日記, 工芸茶 by ぼちぼち|Tags: |

工芸茶、とっても綺麗で、とってもいい香りで、、そして味も素晴らしいです。

工芸茶ご感想

「ちょうど母の日のころに届きました。私の大切な、そして洗練された母にぴったりのプレゼントでした。

とっても綺麗で、とってもいい香りで、、そして味も素晴らしいです。

これは男の人には「女性へのプレゼントにいいよ」とお勧めできますね。

私は自分用にまた買いたいと思います。」

(フランス・Syiaeri さま)

Etsy工芸茶専門店・清香花楼チンシャンファーロウにてご注文のお客様よりレビューをいただきました。
ありがとうございます!

2017-02-03T22:14:09+00:002014年8月20日|Categories: 花茶美人, 工芸茶レビュー|Tags: |

この工芸茶は香りもとてもすばらしいです、甘くて、透明で、本当に好きです。

工芸茶ご感想voodoo

「このお茶は本当に楽しいです。どれだけ丁寧に作られたことでしょう。

今まで試したことのある工芸茶は、すぐにポンと開くものばかりでしたが、

こちらの工芸茶は本当にゆっくりと、少しずつ少しずつ美しく花が咲きます。

そして、香りも素晴らしいです。甘く、透明感があって、本当に好きです。

今回のパックがいつまでもつか分からないので、追加の注文をすることになると思います。

私は本当に感動してしまって、次の種類を試すのを待ちきれないんです。

でも、あんなに良い香りで優雅なジャスミン(茉莉七仙女)よりも素晴らしいものがあるなんて

ちょっと想像できないです。」

(アメリカ・voodoobutterfly さま)

Etsy工芸茶専門店・清香花楼チンシャンファーロウにてご注文のお客様よりレビューをいただきました。
ありがとうございます!

2016-12-31T12:10:57+00:002014年8月20日|Categories: 花茶美人, 工芸茶レビュー|Tags: |

Etsyにて工芸茶販売中!


Etsyにて工芸茶販売中!

現在、Etsyサイトにて、工芸茶の茶葉のみを販売しています。

中国福建省アモイから国際郵便で発送いたします。日本へは、2週間〜3週間くらいでのお届け予定です。

Etsy工芸茶専門店・清香花楼チンシャンファーロウ

よろしくお願いします。

中国茶通販|中国茶日記|中国茶ブログ|ジャスミン茶通販|花茶美人|カーネーション花茶

2017-01-17T15:18:36+00:002014年8月19日|Categories: 店長ユンチン日記, お知らせ by ユンチン|Tags: , |

一時休業のお知らせ

2013年6月21日(金)をもちまして、当サイトでの通販を一時休業いたしました。
再販売が決まりましたら、随時ホームページにてご案内いたします。
ご迷惑おかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

中国茶専門店|中国茶日記|中国茶ブログ|ジャスミン茶通販|花茶|カーネーション花茶

2017-01-17T15:18:36+00:002013年8月3日|Categories: 店長ユンチン日記, お知らせ by ユンチン|Tags: |

中国茶という、豊かな世界を知ることができ、とても嬉しいです。

以前からジャスミン茶が好きでしたが、こだわりはありませんでした。

最近初めて中国旅行し、中国の人々が本当にお茶を愛しているのを見て中国茶の世界をもっと知るチャンスだと思い

今までとはグレードの違うジャスミン茶を飲んでみたいと、こちらを見つけました。

早速、茉莉龍珠 特級を淹れました。

鼻から感じる香りが上品で、繊細、深く、口に含むとほんのりと甘いです。期待通りのジャスミン茶でした。

二煎目、三煎目と楽しめるのが、中国茶の独特の魅力だと思います。

八宝茶は、初めて飲みました。旅行した陜西省あたりで元々飲まれているとのことで、楽しみにしていました。

まず薔薇八宝茶を淹れてみて、その見た目の美しさは、あらゆるお茶の中で一番だと思いました。

そして、味はとてもやさしく、特に一煎の最後、砂糖が溶けて甘みが増して行く変化に驚き、思わずにっこり。

ふやけたフルーツも食べたら、美味しくて、こんなにたくさん楽しめるお茶は、初めてです!

武夷岩茶、今まさに飲んでいます。HPに書いてあった通り、蓋碗で淹れて、蓋の裏の香りをかぎました。

すごく深い香り。こんなに力強いお茶は、初めてです。これはこれで、山と岩、緑深い、とても中国のイメージです。

中国って、本当に広大な国なんだな…とお茶の味の多様さに、実感です。

一日の終わりに、一杯のお茶で、ストレスを軽減できる気がします。

中国茶という、豊かな世界を知ることができ、とても嬉しいです。ありがとうございます。

(千葉県 C.T.さま)

八宝茶セット
八宝茶お試しセット

中国へご旅行に行かれて、それで中国茶に興味を持っていただけまして、とても光栄です。

土地ごとに銘茶も多く、新しい茶葉を飲めば、必ず新しい発見があります。

これからも、いろいろな茶葉を楽しんでください。(販売・小林)

ただいま 新世代中国茶品牌-清香花楼マーケットプレイス禅ファッションZENVAVA の2つのストアにて中国直送販売をしています。