フィルターを見る (3)

3 点の商品

SKU: A10001

在庫状況: 在庫切れ

商品の種類:

こちらの商品ページの説明文は、旧サイトでの情報のままとなっております。販売再開の際に情報を新規更新いたします。どうぞご了承ください。 ◆ 白毫銀針(baihaoyinzhen バイハオインチェン) 2012年 ◆ 白毫銀針は、福建省福鼎県で生産されます。 春の新芽の一心一葉だけを使って作ります。 芽には「白毫(バイハオ)」という細かいうぶ毛がありまして、銀色に光り輝いています。 白茶のなか最高の茶葉で、一度好きになるとクセになってしまいます。 見た感じ、うぶ毛が銀色に輝いてます。たくさんのうぶ毛は、新芽の証拠ですね。 それなので ほんとう、とても柔らかい味と香りです。 2011年も柔らかで綺麗な茶葉が仕入れできました。 まろやかで、甘くて、自然の香りが楽しめます 白茶(パイチャー)は中国茶の分類のひとつで、ちょっとだけ発酵させた、自然にちかい中国茶です。 白茶は、ほとんど福建省の北部(福鼎や政和など)の銘茶の産地だけで生産されます。 一度作られなくなった時期がありましたが、1952年に復活しました。 2012年入荷の白茶は、昨年までと同じ福鼎の大白茶という品種の茶葉です。 白茶は、中国茶のなかでも、生産量のすくない貴重なお茶です ◆ 白毫銀針のおいしい飲み方 ◆ お湯の温度は、85-95度でいいですね。二煎目からは、低い温度でもいいです。 一煎目は熱湯で淹れるほうが、茶葉の香りがよくたちます。 甘い味の好きなかたは、80度くらいの低い温度で淹れて、長く蒸らすといいですね。 ガラス茶器で淹れますと、茶葉のふわふわ揺れますので、見てもお楽しみいただけます。 お湯を1/3くらいそそいで、それから茶葉を入れて、そのあとまたお湯をそそぐと、 茶葉の舞う姿が、とても美しいです! 原料産地 中国福建省福鼎市太姥山 生産時期 2012年春 お湯温度 85℃-95℃ 保存方法 密閉して冷暗所に保存してください。 開封後はお早めにお召し上がりください。 賞味期限(目安) 2013年6月 白毫(バイハオ)は、福建語(中国語の方言)で「パーホウ」といいます。昔...

¥0

SKU: A10002

在庫状況: 在庫切れ

商品の種類:

こちらの商品ページの説明文は、旧サイトでの情報のままとなっております。販売再開の際に情報を新規更新いたします。どうぞご了承ください。 ◆ 白牡丹(baimudan バイムーダン)2012年 ◆ 福建省福鼎市産のとても美味しい白茶です。 一葉・一芯二葉で摘んだ芽を使用します。 茶葉の芽と葉のところが混ざっていますね。 作り方は、太陽の光と室内で茶葉をしおれさせます。それから乾燥して完成です。 白毫銀針よりも濃い味わいです。 ほかの中国茶よりも、茶葉のもつ自然の味や香りが強く残っていて美味しいです。 お日様の味がします。 アイスティーにしてもとても美味しいです。 白茶(パイチャー)は中国茶の分類のひとつで、ちょっとだけ発酵させた、自然にちかい中国茶なのです。 白茶は、ほとんど福建省の北部(福鼎や政和など)の銘茶の産地だけで生産されます。 一度作られなくなった時期がありましたが、1952年に復活しました。 2011年入荷の白茶は、昨年と同じ福鼎の大白茶という品種の茶葉です。 白茶は、中国茶のなかでも、生産量のすくない貴重なお茶です。 ◆ 白牡丹のおいしい飲み方 ◆ お湯の温度は、85-95度でいいですね。二煎目からは、低い温度でもいいです。 一煎目は熱湯で淹れるほうが、茶葉の香りがよくたちます。 甘い味の好きなかたは、80度くらいの低い温度で淹れて、長く蒸らすといいですね。 ガラス茶器で淹れますと、茶葉のふわふわ揺れますので、見てもお楽しみいただけます。 原料産地 中国福建省福鼎市太姥山 生産時期 2012年春 お湯温度 85℃-95℃ 保存方法 密閉して冷暗所に保存してください。開封後はお早めにお召し上がりください。 賞味期限 2013年6月 白牡丹は、最近日本でもとても人気の中国茶。すごく飲みやすくて、ゴクゴクたくさん飲んでしまいます! 涼性の茶葉なので、とくに夏に飲むのおすすめですね。甘くやさしい香りがとても素敵です。 2012年もとても美味しくて質のいい茶葉が仕入できました。

¥0

SKU: A10003

在庫状況: 在庫切れ

商品の種類:

こちらの商品ページの説明文は、旧サイトでの情報のままとなっております。販売再開の際に情報を新規更新いたします。どうぞご了承ください。 ◆ 甘露白茶(新工芸白茶) ◆ 甘露白茶は、「新工芸白茶」という新しい種類の白茶です。 一葉・一芯二葉で摘んだ芽を使用しています。 白牡丹に似ているのですが、萎凋(茶葉の水分を蒸発させてしおれさせること)の時間を長くして、 すこし揉捻(茶葉をもみこむこと)をしています。 茶葉が黒っぽく見えて、ちょっと紅茶みたいですね まろやかでやさしく、白牡丹より深い味わいします。 白茶は、ほとんど福建省の北部(福鼎や政和など)の銘茶の産地だけで生産されます。 一度作られなくなった時期がありましたが、1952年に復活しました。 2011年入荷の白茶は、昨年と同じ福鼎の大白茶という品種の茶葉です。 白茶は、中国茶のなかでも、生産量のすくない貴重なお茶です。 ◆ 甘露白茶のおいしい飲み方 ◆ お湯の温度は、85-95度でいいですね。二煎目からは、低い温度でもいいです。 一煎目は熱湯で淹れるほうが、茶葉の香りがよくたちます。 甘い味の好きなかたは、80度くらいの低い温度で淹れて、長く蒸らすといいですね。 ガラス茶器で淹れますと、茶葉のふわふわ揺れますので、見てもお楽しみいただけます。 原料産地 中国福建省福鼎市太姥山 生産時期 2011年春 お湯温度 85℃-95℃ 保存方法 密閉して冷暗所に保存してください。開封後はお早めにお召し上がりください。 賞味期限 2012年6月 甘露白茶は、最近あたらしくできた種類です。 白牡丹は爽やか甘いですが、甘露白茶は、爽やかあとに紅茶みたいな甘さ広がります。わたしも大好きの味です! 2011年もとてもいい茶葉できました。爽やかで甘くて、味にとても深みがあります。

¥0
Pre-loader