サントリー烏龍茶のホームページへ行くと、最新の広告やCMが掲載されています。
2017年3月現在、「烏龍茶」のCM紹介はリンクが切れていて、画面を少しスクロールすると、「肉!ときたら、」というキャッチコピーが強調されています。
一方、「黒烏龍茶」の広告紹介のほうでは、YouTubeにアップロードされたCMが見られます。ミランダ・カーさんが日本語と英語を入り混ぜて「黒烏龍茶」のプレゼンテーションを大勢の聴衆の前で行っています。「脂マネジメント。」というキャッチの「マネジメント」という言葉からは、これは特に忙しいビジネスマンを潜在ターゲットに制作したCMなのだろうかと推測されます。

ミランダ・カーさんが「黒烏龍茶」のCMに起用されたのは、2014年か2015年頃だったかと思います。私がはじめて見たのはテレビのCMではなくて、Yahoo!Japanポータルサイトのトップに表示されたバナー広告でした。記憶に残っているのは、サイドの余白に黒いドレスを着たミランダ・カーさんがすらりと立ち、スタイリッシュなボトルを手にしていて、そして「KURO」という美しいフォントの文字が目に飛び込んできたことです(細かい点は記憶違いがあるかもしれません)。「こうきたか」と、思わず唸り、普段は滅多にクリックしないバナー広告をカチッとクリックしたのを覚えています。

中国茶専門店のブログでこんなことを書くのはやや気が引けるのですが、サントリーの烏龍茶は、偉大な存在です。
お茶飲料(Soft drink)はお茶(Tea)ではないという理屈をこえて、サントリーの烏龍茶は、疑いもなく偉大な存在です。

烏龍茶ブームの嚆矢となった面もさることながら、長い間、サントリーの烏龍茶のCMでは、ひたすら「中国」が題材とされてきました。「中国」は、まるで通奏低音のように、烏龍茶商品の背景に常に意識され、描かれるべき像として、お茶の間のブラウン管/液晶パネルに茫洋と広がっていたのです。実際、80年代、90年代、2000年代と、サントリー烏龍茶の古いCMを見ると、その時々の日本人が、「中国」というものにどういうイメージを抱いていたのかを窺い知ることができます。

1986年「家族篇」
相変わらず売れ行き好調で、いつのまにかCMを年一本、レギュラーでつくることになっていた。中国へは入国できなかったので、イラストにするしかなかった。春、 大人たいじん夫妻は美しい娘をさずかった。二人から三人へ。

1987年「お茶の葉主義/茶摘み篇」
アニメ展開に限界を感じ始めたとき、中国へ入れるという知らせが入った。ウーロン茶初の中国ロケ敢行CM。やはり最初は茶摘みだろうと、ウーロン茶の聖地武夷山ぶいさんにて茶摘み篇。中国は想像以上の異郷だった。

1988年「お茶の葉主義/茶工場篇」
前年の武夷山につづき、二大産地のもうひとつ 安渓あんけい の茶工場で撮影。当時は「日中国交」レベルのつきあいで、昼も夜も宴会。日本人はネクタイ着用だった。珍動物フルコース料理に感激しつつ、みな即席ラーメンを部屋で食べてた。

1990年「京劇院篇」
茶産地の福建省を離れ、中国を代表する大きなお茶としてのウーロン茶というつかまえ方に。京劇院にて、前を向く若者たちを撮影。カメラ上田義彦さん、監督前田良輔さん。ウーロン茶的広告世界が定まった。

サントリーウーロン茶 歴代CM集(SUN-AD 安藤隆氏コメント)より引用

80年代の「お茶の葉主義」というコピーをきっかけに、90年代-2000年代にかけて、一貫して中国現地でのロケを敢行しています。岩茶産地の武夷山、鉄観音の産地の安渓、そして水墨画の世界そのままの桂林へ。ロケ現場はお茶産地から離れることもありますが、そこでは「お茶」をモチーフとしながらも、人民服風ののどかな農村、伝統的な京劇舞踊やカンフー、まだ近代化の途上にあるかのような郊外の風景など、当時の日本人が一般的に抱く「中国」のイメージが肯定的にコラージュされていました。
それは、日本人の目を通して描かれた「中国」であり、中国の現実の風景を日本人の視点から「かくあれかし」と構成し直した仮構的理想郷であったかもしれません。
ただ、この烏龍茶CMを媒介として描かれた「中国」は、事実として日本人の無意識裡に鮮明な像を形作ってきました。2000年前後をピークとした日本国内での中国茶ブームは、いかに本場の高級茶を志向する専門店であったとしても、このサントリー烏龍茶のCMによって描かれた「中国」像に(直接、間接を問わず)大きく依存していたことは否定できません。いささか大仰に懐古するなら、戦後の日本が平和国家としてその繁栄の頂点を極めたとき、日本人にとっての「烏龍茶」は、まさに「中国」のイメージを代表する中心的な存在であったと謂えます。異国の茶畑からきた茶色で透明なきらきら光る不思議で素朴なお茶。そのお茶の中に、日本社会はスクリーン上にしか存在しない桃源郷のようなものを夢見ていたのです。

例えば、1992年の「ドライブ篇」と言われている30秒間のCMにおいては、冒頭から半ばほどまで、何の説明もなく中国語の会話が流れます。
二人の女性による中国語の音声は、静かな高音で揺れる電子音のBGMにかぶさり、意味は一切不明のままです。カメラは霧の中の林の風景をロングショットで捉え、その色彩は息をのむくらいに美しく、淡いブルーが灰色の粒子に溶け込んでいます。遠景に白いワンピースの中国人女性二人の半身がうっすらと浮かびあがります。つづいて、この霧の中の畦道をメーカーも年代も不詳の小さな白い車が音もなくゆっくり走り、そしてフェイドアウトします。流れている中国語の会話の意味をお茶の間の日本人は理解できません。というよりも、それを理解する必要もなく、その中国語の響きそのものに世界を変貌させる価値があると信じさせるかような密度の高い時間が流れます。
CMの20秒ほどでようやく日本語のキャッチが入り、髪の毛をまとめあげた白いワンピースの女性が遠くを眺めながらなにか飲み物の入った容器をゆっくりと口にし、フェイドアウトします。その瞬間の彼女の表情は神秘的で、うっすらと笑みを浮かべているように見えます。これが烏龍茶のCMだと分かるのは最後の1秒か2秒にボトルと缶のラベルが映るからで、見る人はわずか30秒の間にぎっしり2時間の映画を見たかのような眩暈に似た幻惑を体験します。
純粋に映像作品として見ても、この完成度の高さには刮目すべきものがあります。このような表現がテレビのCMで許容されていたのは、やはり当時の日本社会に「中国」をイメージする想像力の余地が大きかったからだと思われます。