ブログメニューを見る
中国茶について  カメリア・シネンシス

日本茶も、紅茶も、ルーツは中国茶です。

同じお茶の木からとれるのに日本茶と中国茶は、どこが違うのでしょう?

 

ひとことで言うと、茶葉の製茶の仕方が違うからです。

でも、お茶の木は、みんな同じです。

中国茶も日本茶も紅茶も、品種は違えどみんな同じ茶の木から採れているんです。

正式名はカメリア・シネンシス。つばき科の常緑樹です。

世界中で、380種類ありますがそのうちの260種類は、なんと中国に存在します。

お茶の木の原産地は、中国の西南部(現在の雲南省あたり)と言われています。

いまでも雲南省、四川省、貴州省のあたりに、何千年、何百年という茶樹が存在しています。

中国茶の種類のページもご参照ください。)

また、お茶はもともと、薬効の高い薬として重宝されていました。

今はとても身近なお茶ですがとても長い歴史と物語があります。

悠久の時で育まれた中国茶。 その中国茶を知るきっかけになれたら幸いです。

この記事を書いた人
清香花楼 スタッフ 渡部
Web担当 渡部

主にWeb中心にお店のお手伝いをしております。中国茶の奥深くて素敵な世界を、できるだけ多くのかたに知っていただけましたら幸いです。中級評茶員/高級茶藝師。

清香花楼チンシャンファーロウについて