ブログメニューを見る
お茶酔いとカフェイン

突然ですが

お茶酔い

って経験されたことありますか?

 

中国茶を入れている

 

私が中国茶を飲み始めたころ。

お茶をたくさん飲んだときなどに、

 

心臓バクバク、へんな汗、クラクラ

(貧血に似た感じです)

 

といったちょっとお酒を飲んだ時の

ような状態になることがありました。

 

それを「お茶酔い」と呼ぶのですが、多分、カフェインの急な取り過ぎで

そうなってしまうのでは、と思います。

 

しかし、今では、お茶酔いがほとんどなくなってしまいました。

 

ずっと飲んでいたので、慣れたということもあるのですが(中毒?)

たくさん飲んでも、お茶酔いしない工夫があるんです。

 

お茶は飲みたい、けどカフェインはあまり摂りたくない!

 

という場合

カフェインの取りすぎを防ぐ効果的な方法は

 

「洗茶をすること。」

 

洗茶(一煎目を捨てる)はもったいないようにも思えますが、

 

*雑味をとる

*茶葉を開かせる

*カフェインを流せる

 

というように、いろいろな効果があります。

 

カフェインは水溶性なので

お湯に溶けやすく、洗茶でけっこうな量のカフェインが流れてくれます。

ただ、残念ながらお茶の成分もそこそこ流れてしまうので

さっと湯通しするように洗茶するのがお勧めです(*^^*)

 

それでも、お茶酔いしちゃった(^^;)というときの

効果的な対処法なのですが

 

食べる or 寝る or 牛乳を飲む

 

です。

 

特に、胃に自信のない方は、「食後に飲む」が鉄則です。

 

こうして考えると、お茶ってお酒と似てるところが多いなと

いつも思います。

 

お茶はお酒と違って、アルコールは存在しないのですが、

カフェインだったり、香りだったり、安らぎと興奮をもたらす不思議な飲み物ですよね。。

 

ひとりでも、数人でも、愉しい時間をもたらしてくれる

 

おもてなしのお茶、工芸茶

 

おもてなしに欠かせない お茶 と お酒 。

(ちなみに工芸茶も茶葉なのでカフェインあります。) 

 

昔の中国の詩人たちは、

お酒に酔って、酒の詩を

お茶に酔って、お茶の詩を のこしました。

 

そう思うと、たまにはお茶に酔うのもいいかもしれません。

 

あ、でも、お酒もお茶も飲みすぎにはご注意くださいね☆

この記事を書いた人
清香花楼 スタッフ 渡部
Web担当 渡部

主にWeb中心にお店のお手伝いをしております。中国茶の奥深くて素敵な世界を、できるだけ多くのかたに知っていただけましたら幸いです。中級評茶員/高級茶藝師。

清香花楼チンシャンファーロウについて

シェアする