ブログメニューを見る
沖縄のさんぴん茶(ジャスミン茶)

沖縄にいる友人が

お茶のことで、電話をくれました。

 

「おじいちゃんおばあちゃんが、白龍珠王だっけ?

美味しいさんぴん茶って言って、喜んでたよ」

と、言ってくれました。

 

「さんぴん茶」とはジャスミン茶のことで、

中国語の「香片茶(シャンピェンチャ)」が「さんぴん茶」となったと言われてます。

中国でジャスミン茶は、「茉莉花茶」と呼ばれてます。

 

ジャスミン茶=さんぴん茶

 

実は、沖縄で日常的に飲まれるお茶は、

緑茶やウーロン茶よりも、「さんぴん茶」なのです。

 

沖縄の自動販売機には、必ず「さんぴん茶」が!

 

私も、数年前その友人に会うまでは、そのことを知りませんでした。

「泡盛のさんぴん茶割り」もあるらしいです。

 

元々、「さんぴん茶」は台湾の包種茶にジャスミンで香りづけをしたものが

主流だったのですが、今は、一般的なジャスミン茶と同じような、

緑茶にジャスミンで香りづけしたものが主流になっています。

 

ちなみに、清香花楼のジャスミン茶・白龍珠王は、白茶にジャスミンで香りづけしてます。

 

本場の沖縄のおじいちゃんやおばあちゃんに

美味しいと言ってもらえたのが

とっても嬉しかったので

ちょっと記事にしちゃいました。

 

これからも、飲んでもらえるといいな♪

この記事を書いた人
清香花楼 スタッフ 渡部
Web担当 渡部

主にWeb中心にお店のお手伝いをしております。中国茶の奥深くて素敵な世界を、できるだけ多くのかたに知っていただけましたら幸いです。中級評茶員/高級茶藝師。

清香花楼チンシャンファーロウについて