中国緑茶

中国緑茶

西湖龍井、黄山毛峰、太平猴魁、安吉白茶など、大陸産の良質な緑茶を厳選いたしました。
釜炒り龍井茶など、中国茶ならではの製法の新茶緑茶をお楽しみください。

カテゴリメニューを見る
8 件を表示
すべてクリア

SKU: A07001

在庫状況: 在庫切れ

商品の種類:

こちらの商品ページの説明文は、旧サイトでの情報のままとなっております。販売再開の際に情報を新規更新いたします。どうぞご了承ください。 ◆ 明前西湖龍井(minqiang xihulongjing ミンチェン・シーフーロンジン) ◆ 西湖龍井は、浙江省杭州市の西湖周辺だけで生産される、中国緑茶の代表的な緑茶です。 観光地でも有名な西湖(xihu シーフー)ですが、名水の土地でもあり、ここで採れるお茶は、代々の皇帝に献上されてきました。 釜入りで製茶される平べったい形状(扁形)の茶葉は、見た目も美しいですね。 2009年、今年入荷した龍井茶は、西湖龍井の中でも有名な産地の一つ、梅家塢(メイジャーウー)で、3月22に摘まれた「明前(ミンチェン)」の初摘み緑茶です。 今年は初摘みの時期に天気が良かったので、香りと味わいが深く、とても良い仕上がりとなっています。 西湖龍井は、正式には杭州市内の西湖龍井茶区(13の村)の茶畑でのみで採れるものを指します。 そのなかで、現在は産地によって、大きく三つの種類に分けられています。 「獅字(峰)龍井」... 西湖の龍井村(右の写真)で採れるもので、最高級の龍井茶といわれています。最近はブランド化も進み、一番摘みの茶葉で本当に良いものは、現地の取引でも、500g あたり 10万円 くらいする場合もあります。 「梅字(均)龍井」... 梅家塢、梵村、雲栖のあたりで採れるもので、獅字(峰)と同様、有名な産地です。 とくに最近は、梅家塢の一番摘みは評判です。 吟味した結果、今年は明前の緑茶として、梅家塢の龍井茶を厳選入荷いたしました! 「龍字龍井(西湖龍井)」 ... 「獅字」と「梅字」以外の、西湖龍井茶区で採れたものです。 ブランド産地の獅字と梅字は、名まえだけでどうしても高くなってしまうことありますが、龍字は、価格と品質のバランスのとれたものが多いです。 もちろん、それでも、正真正銘の明前の西湖龍井は、生産の少ない貴重な茶葉です。 また、最近の龍井茶は、在来種よりも早生種の43号という品種を使うことが多くなりました。これは、昔からある在来種の品種改良で、早くに摘みとりができるので、茶農家さんにとっても、とても人気の品種です。 ◆ 西湖龍井茶のおいしい飲み方 ◆ 2g-3gの茶葉をコップに入れて、お湯を注ぎます。 温度は、85-90℃くらいがおすすめです。 写真のように、はじめお湯を1/3ほど注いで、20秒ほど蒸らし、さらにお湯を足してからいただくと、茶葉が開きやすく、味も出やすくなります。 ガラス茶器などで淹れますと、緑の茶葉が花のように舞うので、とても綺麗です。 茶葉を鑑賞することも、中国緑茶の楽しみのひとつですね。 原料産地 中国浙江省杭州市梅家塢 生産時期 2009年3月22日...

¥0

SKU: A07002

在庫状況: 在庫切れ

商品の種類:

こちらの商品ページの説明文は、旧サイトでの情報のままとなっております。販売再開の際に情報を新規更新いたします。どうぞご了承ください。 ◆ 明前西湖龍井 ◆ 明前の西湖龍井 2012年の新茶が入荷いたしました! 産地は昨年までと同じ、杭州市の龍井村です。 香ばしくて爽やか、春の香りいっぱいの美味しい、とてもいい茶葉です! 「明前(ミンチェン)」は、摘みとりの時期のことですね。 * 摘み取り時期 * 明前茶(ミンチェン)...清明節の前に摘む新芽の茶葉です。 清明節は、4月4日くらい(年でかわります)。 雨前茶(イーチェン)...清明から穀雨(4月20日くらい)の間に摘み取る春茶です。 そのあと5月はじめくらいまで摘み取るのを「雨後茶」といいます。 明前に摘まれた茶葉は、中国でとても人気あります。 明前茶がぜんぶ一番茶じゃないですが、 量もすくなくて、高いけど、すぐ売り切れます。龍井茶は、茶葉のかたち、色、香り それで飲んでみて、ほんとうに「美味しい」感じるもの選びます。 中国茶に「四絶(スージュエ)」という言葉があります。 茶葉の形 水色(淹れたお茶の色) 香り 味 この四つの条件を満たすお茶が「四絶」といわれ、銘茶とされています。 西湖龍井(シーフーロンジン)は、その「四絶」にぴったりの、中国を代表する銘茶で、「緑茶の女王」と讃えられています。 ◆ 西湖龍井のおいしい飲み方 ◆ 2g-3gの茶葉をコップに入れて、お湯を注ぎます。 温度は、85-90℃くらいがおすすめです。 はじめお湯を1/3注いで、20秒ほど蒸らし、さらにお湯を足してからいただくと、 茶葉が開きやすく、味も出やすくなります。 ガラス茶器などで淹れますと、緑の茶葉が花のように舞うので、とても綺麗です。 茶葉を鑑賞することも、中国緑茶の楽しみのひとつですね。 原料産地 中国浙江省杭州市龍井村 生産時期 2012年春...

¥0

SKU: A07003

在庫状況: 在庫切れ

商品の種類:

こちらの商品ページの説明文は、旧サイトでの情報のままとなっております。販売再開の際に情報を新規更新いたします。どうぞご了承ください。 ◆ 西湖龍井(杭州市内産) 2012年 ◆ 杭州市産の西湖龍井 2012年の新茶が入荷いたしました! お手ごろお値段で、香ばしくてとても飲みやすい味です! 龍井村の茶園の龍井茶とくらべると、こちらの杭州市内の茶葉は、生産量が多いので、リーズナブル! 春の爽やかな香りがお楽しみいただけます。 龍井茶はとても有名で、産地がブランドになっていいます。 西湖龍井茶の名まえのお茶を作るのは、杭州市内の西湖龍井茶区(13の村)の茶畑だけですが、 その中でも、とくに、獅峰と梅家塢の明前龍井茶は、とても高いです。 龍井村の茶葉は、味と値段のバランスのいい龍井茶が多いです。 また、龍井村の周辺の茶葉は、同じ品質でも、さらにお買い得になります。 また、龍井茶は、茶葉の形が値段にも関係しますので、 味や香りがよくても、茶葉の形がちょっとそろっていないだけで、 お値段がとても安くなります。 茶葉の見た感じがちょっとバラバラしていても 飲んでみると、ほんとう香ばしくて美味しい龍井茶です。 ガラス茶器でいれて、とてもリラックス気分なれますね 龍井茶は、独特の釜炒り製法で作ります。 とくに、明前の西湖龍井は、職人さんが手作りで釜炒りをします。 10手法と言われる工程を経て、龍井茶独特の平べったい形に仕上がります。 茶葉の温度は70-80℃くらいに熱く、その釜のなかを素手で炒ったり、推しつけたりしますので、職人さんの手のひらには、指紋がなくなっています。 指紋のない手は、釜炒り職人の手として尊敬されます。 龍井茶の爽やかな香ばしさの香りの秘密は、この釜炒り製法です。 ◆ 西湖龍井のおいしい飲み方 ◆ 2g-3gの茶葉をコップに入れて、お湯を注ぎます。 温度は、85-90℃くらいがおすすめです。 はじめお湯を1/3注いで、20秒ほど蒸らし、さらにお湯を足してからいただくと、 茶葉が開きやすく、味も出やすくなります。 ガラス茶器などで淹れますと、緑の茶葉が花のように舞うので、とても綺麗です。 茶葉を鑑賞することも、中国緑茶の楽しみのひとつですね。 原料産地 中国浙江省杭州市内 生産時期 2012年春...

¥0

SKU: A07005

在庫状況: 在庫切れ

商品の種類:

こちらの商品ページの説明文は、旧サイトでの情報のままとなっております。販売再開の際に情報を新規更新いたします。どうぞご了承ください。 ◆ 明前黄山毛峰(minqian huangshan maofeng) ◆ 黄山毛峰は、中国十大緑茶のうちの一つで、 安徽省の黄山で採れる高山茶です。 黄山毛峰の「毛」は、新芽の葉の毛のことで、 「峰」は、葉の形状がまるで山の峰のように尖っていることからこの名がつきました。 2009年、今回入荷しました新茶は、3月25日の初摘みのものです。黄山風景区にある標高600Mの村の農家さんから直接入荷いたしました。温かみのある手作り感あふれるお茶です。 農薬も肥料も一切使用していないこのお茶からは生命力を感じます。 黄山毛峰は釜で炒ったあとに、釜のなかの熱風であぶって仕あげをします。 押したり、つぶしたりしないので、製茶された茶葉がとてもふわふわしています。 甘みとスモーキーな香りがとても美味しいです。文 黄山は、世界遺産にも登録されている有名な景勝地で、山水画の世界が楽しめます。 一年を通じて霧が多い地域です。 霧が多いと直射日光が遮られ、ゆっくり茶葉が成長するので、うまみの多い良質の茶葉が採れます。 黄山から東へ数キロのところにあるこの村では黄山がいつも間近に見えます。 風景区の中にあるので、農薬などは一切使用しておりません。 ◆ 黄山毛峰のおいしい飲み方 ◆ あたためた茶器を用意します。 茶器は、中身の見えるガラス蓋碗やガラスのポットがおすすめです。 温度は、80-85℃が適温です。 茶葉を入れてから、上から1/4くらいお湯を注いで、茶葉を20秒ほど蒸らしてからもう一度お湯を注ぐと、茶葉が開きやすくなります。 ガラス茶器を使うと、茶葉の綺麗な動きが観察できますね 原料産地 中国安徽省黄山風景区 生産時期 2009年 お湯温度 80-90℃ 保存方法 密閉して冷暗所に保存してください。開封後はお早めにお召し上がりください。 賞味期限 2010年 黄山は中国なか、一番美しい山ともいわれています。 仙人さんの住む世界、霧のなかで育ちました黄山毛峰は、とても贅沢な緑茶ですね。中国緑茶なかでも、とても味にコクがあって美味しいです...

¥0

SKU: A07006

在庫状況: 在庫切れ

商品の種類:

こちらの商品ページの説明文は、旧サイトでの情報のままとなっております。販売再開の際に情報を新規更新いたします。どうぞご了承ください。 ◆ 太平猴魁(taipinghoukui タイピンホウクイ) ◆ 2012年の新茶・明前の太平猴魁が入荷いたしました。 太平猴魁は、柿大茶種という品種の茶樹から採れるお茶で、茶葉が大きいのが特徴です。 安徽省の黄山 北側の太平県だけで生産されます。 中国茶の「十大銘茶」のなかでも、とても珍しい茶葉です。 葉が、平べったくて、網目がついているのが、とても不思議ですね。 ほかの中国の緑茶と同じように、釜炒り製法ですが、とても独特です。 まるで、おせんべいを焼くように、 釜や網のうえに一枚一枚広げて、 時間をかけて何回もひっくり返しながら炒ります。 綺麗に仕上げるには、何時間もずっと同じ作業をしなければなりません。 ぜんぶを手作業でしあげる太平猴魁は、生産量の少ない、とても貴重なお茶です。 甘みと爽やかな味が、とても美味しいです 大山深处的高贵公主(山の奥深くの高貴な姫)と呼ばれるくらいの味わいがあります。 ◆ 太平猴魁のおいしい飲み方 ◆ あたためた茶器を用意します。 茶器は、耐熱のガラス蓋碗や、高さのあるガラスのポットがおすすめです。 温度は、80-85℃くらいがいいですね。 茶葉の量は、茶器いっぱいに入れてだいじょうぶ。 2-3gが目安です。 お湯をそそいで、茶葉がゆっくりと開く様子を観賞します。 やさしくて、深い、爽やかな香りのなかに、ほんのりした花の香りがひろがります 原料産地 中国安徽省黄山市太平県黄山区 生産時期 2012年春 お湯温度 80℃-85℃ 保存方法 密閉して冷暗所に保存してください。 開封後はお早めにお召し上がりください。 賞味期限 2013年6月...

¥0

SKU: A07004

在庫状況: 在庫切れ

商品の種類:

こちらの商品ページの説明文は、旧サイトでの情報のままとなっております。販売再開の際に情報を新規更新いたします。どうぞご了承ください。 ◆ 安吉白茶 2012年 ◆ 安吉白茶は、浙江省湖州市安吉県で生産される中国緑茶です。 「白葉一号」という品種の茶木なので、名まえに白茶がついています。 白毫銀針や白牡丹の分類の「白茶」とは違いますね。 山の盆地の茶畑で生産されて、春の一番芽は白っぽい色もしています。 霧や雨の多い お茶の生産にとてもいい気候ですね。 3月から清明節の前に一芯二葉で摘まれて、その日に製茶されます。 茶葉がとても細くて、綺麗な色をしています。 繊細で、とてもやさしい味で、後味がとても甘く感じられます。 安吉白茶は、ほかの緑茶よりアミノ酸が倍以上あると言われています。 とても爽やかで、健康にもいいですね。 中国緑茶はじめてのかたにもおすすめの茶葉です。 ◆ 安吉白茶のおいしい飲み方 ◆ 2-3gの茶葉をコップに入れて、お湯を注ぎます。 温度は、85-90℃くらいがおすすめです。 はじめお湯を1/3注いで、20秒ほど蒸らし、 さらにお湯を足してからいただくと、茶葉が開きやすく、味も出やすくなります。 ガラス茶器などで淹れますと、緑の茶葉が花のように舞うので、とても綺麗です。 茶葉を鑑賞することも、中国緑茶の楽しみのひとつですね。 原料産地 中国浙江省湖州市安吉県天荒坪鎮 生産時期 2012年春 お湯温度 80℃-85℃ 保存方法 密閉して冷暗所に保存してください。 開封後はお早めにお召し上がりください。 賞味期限 2013年6月 同じ安吉の緑茶で、「安吉白片」もありますが、じつは品種も作り方も違うお茶なんです。どちらも銘茶ですが、最近は安吉白茶のほうが人気です。 とっても繊細で、やさしい味。甘くて飲みやすいのです! 1年ぶりに入荷できました。

¥0

SKU: A07007

在庫状況: 在庫切れ

商品の種類:

こちらの商品ページの説明文は、旧サイトでの情報のままとなっております。販売再開の際に情報を新規更新いたします。どうぞご了承ください。 ◆ 明前緑茶 飲みくらべセット ◆ 2008年の明前(ミンチェン・4月4日前摘み)の新茶、西湖龍井(シーフーロンジン)と黄山毛峰(ファンサンマオフェン)、それから太平猴魁(タイピンホウクイ)の高級緑茶の飲みくらべセットです。 3月末ころに摘まれました、価格と品質のバランスのいいものを厳選して仕入れました。 明前西湖龍井(xihulongjing シーフーロンジン)...昔から皇帝に愛されてきた伝説の多い献上茶で、「緑茶の女王」と言われています。 3月末の茶摘されました、明前(ミンチェン)のもので、とても香ばしいもの選びました。 龍井茶は、職人さんが、手のひらの指紋なくなるまで、素手で釜炒りしています。 早春の香りと、釜炒りの香ばしさ。それから、透明感のあるすっきりとした味わいをお楽しみください。 明前黄山毛峰(huangshanmaofeng ファンサンマオフェン)...安徽省黄山で生産される高山茶です。緑茶のなかでも、味が濃くて、スモーキーな香りが特徴ですね。 釜炒りのあとに、釜のなかの熱風で仕上げをします。とくに、若芽だけの最高級の黄山毛峰ですと、お花のようにふわふわしていて、「雀舌(queshe)」と呼ばれます。 甘味と緑茶のコクが魅力です。スモーキーな味わいをお楽しみください。 明前太平猴魁(taipinghoukui タイピンホウクイ)...こちらも中国の「十大銘茶」のひとつで、とても大きくて平ぺったい葉が特徴です。柿大茶種という品種から採れます。 作りかたもめずらしくて、おせんべいを焼くように、一枚一枚の茶葉をひっくり返しながら製茶します。(茶葉に網目の模様がついていますね) ほのかに蘭のお花の香りがして、爽やかな味が口のなかに広がります。茶葉の形もぜひお楽しみください。 ◆ 中国緑茶のおいしい飲み方 ◆ お湯の温度は、80-85℃くらい、おすすめの茶器は、ガラス蓋碗やガラストールポットです。先に茶器をあたためてください。茶葉の量は、2-3g くらい(茶器の1/4ほど)、蒸らし時間は、1-3分くらいです。 緑茶の入れ方のポイントは、蓋碗やポットのふたをしないこと。耐熱ガラスの蓋碗ですと、茶壷(急須)と茶杯の兼用もできます。お茶を淹れまして、ふたをうまく使って茶葉をよけながら、そのまま茶杯にしてお茶が飲めます。 原料産地 中国 生産時期 2008年春 お湯温度 80-85℃ 保存方法 密閉して冷暗所に保存してください。開封後はお早めにお召し上がりください。 賞味期限 2009年 日本のかたにちょっとめずらしい中国の緑茶。 有名な銘茶なかでも、今年は、日本のかたに味わいやすいもの仕入れてみました! はじめてかたも、ぜひ新しい世界を試してみてくださいね

¥0

SKU: A07008

在庫状況: 在庫切れ

商品の種類:

こちらの商品ページの説明文は、旧サイトでの情報のままとなっております。販売再開の際に情報を新規更新いたします。どうぞご了承ください。 ◆ 緑牡丹(lumudan リュームータン) ◆ 2010年産の緑牡丹が再入荷いたしました。 毎年、黄山の農家さんの秘蔵茶で大好評いただいています。 今年も、在庫のあった緑牡丹を安く仕入れできました! 2010年生産の黄山毛峰で作りました造形緑茶です。 産毛の多い、とてもいい茶葉です。 4月のお茶の芽がのびるころに摘み取りします。 それを手作業で、牡丹のかたちに糸で造形しますね。 黄山毛峰は、中国でも一番美しいといわれる黄山だけの緑茶 仙人さんの住む世界、霧のなかで育ちます。 中国の緑茶は、日本の緑茶と製法がちがいます。 釜炒りなので、茶葉の自然の香り強いですね。 中国茶好きのかたは、たくさん飲んで、 じぶんの好きの茶葉を見つけます。 緑牡丹は、牡丹の花のようで、見ても楽しいので 中国の緑茶はじめてのかたにもおすすめですね! 中国でも結婚のお祝いやプレゼントに使われます。 ガラス茶器でいれて、茶葉の咲くのも見てくださいね ◆ 緑牡丹のおいしい飲み方 ◆ あたためた茶器を用意します。 茶器は、耐熱のガラス蓋碗や、高さのあるガラスのポットがおすすめです。 温度は、80-85℃くらいがいいですね。 茶器に緑牡丹1個を入れます。 お湯をそそいで、茶葉がゆっくりと開く様子を観賞します。 開いたら、そのままいただけます。 お湯が少なくなったら また足して、3-4煎くらい楽しめます 原料産地 中国安徽省黄山市黄山風景区 生産時期 2010年春 お湯温度 80℃-85℃ 保存方法 密閉して冷暗所に保存してください。開封後はお早めにお召しあがりください。...

¥0
Pre-loader