中国茶専門店 清香花楼チンシャンファーロウ
中国茶の清香花楼

武夷岩茶・白鶏冠 正岩茶/パイジーグァン

在庫切れ

武夷岩茶・白鶏冠 正岩茶/パイジーグァン

ただいまのご注文は、2月6日(月)の発送予定です。
SKU: A02003

説明

こちらの商品ページの説明文は、旧サイトでの情報のままとなっております。
販売再開の際に情報を新規更新いたします。どうぞご了承ください。

武夷岩茶・白鶏冠

◆ 武夷岩茶・白鶏冠(バイジーグァン) 2009年 ◆

2009年の武夷岩茶・白鶏冠(バイジーグァン)です。
白鶏冠も四大岩茶のひとつで、とても長い歴史があります。
慧苑岩の外鬼洞に原木があって、たくさんの伝説がうまれました。
岩茶の銘茶のなかでは、いま生産量がとても少なくなってしまったので、
じつは、有名な大紅袍より、貴重な茶葉もあります。
1980年後、武夷山市の研究所で保護、繁殖されました。
葉は淡い黄緑色で、製茶するとほかの岩茶より茶色にみえますね。
武夷岩茶は、ぐわあん という力強い岩韻が魅力ですが
白鶏冠は、じいいん と、甘く清らかな味わい。
花のように爽やかな余韻が、やさしく広がります。
武夷岩茶のなかでも、白鶏冠が一番好きというかたいますね。
ぽわあん とお茶酔いするくらい、ほんとう素晴らしい茶葉です!
岩茶ファンのかた、ぜひ試してみてくださいね

武夷岩茶は、福建省の北にあります武夷山で生産されます。
武夷山は、昔から「天下の名山」で有名で、三十六峰、九十九岩といわれる渓谷や奇岩の多い景勝地です。
平均の湿度は80%以上!霧が多く、茶葉の生産に向いています。
武夷山の岩場や、山麓の土壌で成長する特別の茶葉で、「岩骨花香」の「岩韻」(イエンイン)があります。
土壌のミネラルを吸収して育ちます。
武夷山は、銘茶としての歴史が古くて、宋や元の時代には、皇帝への献上茶が作られました。
そのころは緑茶の固形茶だったのですが、明の時代から製法が変わって、
発酵の技術が進歩して、武夷岩茶(烏龍茶)が誕生しました。

◆ 武夷岩茶のおいしい飲み方 ◆

熱湯で淹れて、30秒-1分で抽出します。
洗茶はしなくてもだいじょうぶですが、一煎目はカフェインが多いので、
カフェインが気になるかたは、さっと湯通しで洗茶してくださいね。
おすすめ茶器は蓋碗で、岩茶の「岩韻」がはっきり味わえます!
お茶を淹れたあとの、蓋碗の蓋の裏の香り、とてもいいにおいします。
紫砂壺など 茶壺(急須)で淹れますと、まるみのある、やわらかい味になります。
体があたたまる温性の茶葉なので、とくに秋や冬に飲むのおすすめです文

武夷岩茶・白鶏冠 正岩茶

原料産地 中国福建省武夷山市風景区内
生産時期 2009年5月
お湯温度 95℃-100℃
保存方法 密閉して冷暗所に保存してください。開封後はお早めにお召し上がりください。
賞味期限(目安) 2012年12月

店長ユンチンのこのお茶のおすすめポイント

白鶏冠は、武夷岩茶のなかでも特別な銘茶です。花のようにやさしい香りは、岩茶ではないみたい? ちょっと東方美人みたいな感じですね。2009年は仕入れの研究所をかえましたので、白鶏冠も納得の茶葉が入荷できました。
1煎目、2煎目、3煎目で、味わいがどんどんまろやかになります

レビュー

レビューはまだありません。

“武夷岩茶・白鶏冠 正岩茶/パイジーグァン” の口コミを投稿します

おすすめ人気商品

タイトル

Go to Top