ブログメニューを見る
からだを温める中国茶

昨日、木枯らし1号が吹きました。

 

そして、今日もびっくりするくらい寒いですね・・・(><)

 

山陰地方の実家では、雪が降ったとのこと。

とても11月の初めとは思えません!

 

そんな折、日経新聞で

「体をあたためるお茶」の大きな記事があり

プーアール茶や紅茶、生姜などが載ってました。

 

その中に、岩茶が無かったのが残念なのですが...(^^;)

 

からだを温める岩茶

 

そう、お茶には

「からだを温めるお茶」と、

「からだの熱をとるお茶」

があります。

 

一番分かりやすいのはお茶の色でしょうか。

 

褐色色のお茶・・・

 

紅茶や、武夷岩茶プーアール茶、焙煎した鉄観音、が主に挙げられます。

 

発酵させて焙煎したお茶は、からだを温めるんです。

 

私は冷え症なので、冷え対策に、体を温めるお茶をよく飲むのですが

特に武夷岩茶は、寒くて手足が冷えるときに飲むと

本当に温まるので、びっくりです。

 

プーアール茶は、食欲の秋にも

中性脂肪に対抗してくれる強い味方なので

食べ過ぎた時に一緒に飲んでくださいね☆

 

逆に、発酵させていないお茶は

「余分なからだの熱をとる」とされています。

コーヒーもそうですね。

 

夏や、暖房で暑過ぎるお部屋にいるとき、

ほてり症のひとにおすすめです。

 

これから寒さもどんどん本格的になってきます。

 

中国茶で

体の中から温まってみるのも

寒さ対策のひとつとして

取り入れていただけたらなって思います。

 

風邪をひかないためにも、万全の冷え対策を♪

この記事を書いた人
清香花楼 スタッフ 渡部
Web担当 渡部

主にWeb中心にお店のお手伝いをしております。中国茶の奥深くて素敵な世界を、できるだけ多くのかたに知っていただけましたら幸いです。中級評茶員/高級茶藝師。

清香花楼チンシャンファーロウについて