ブログメニューを見る
中国茶の種類

今日もお疲れ様です!

 

昨日夜更かししたせいか?

天気がいいからなのか、午後からなんとなくぼーっとしております。

 

これじゃいかんなー

中国茶の種類

 

ということで、

 

今日はサイト更新のための

お茶の撮影をしました。

 

せっかくなので、

中国茶の種類について

ちょっと書かせていただきます。

 

緑茶白茶、黄茶、青茶

紅茶黒茶

 

ってよく耳にしますね。

 

中国茶というのは品種はいろいろありますが、みんな元は同じ「茶の木」。

品種はもちろん、作り方が違うとまったく別の味や香りになります。

 

で、お茶をどのくらい発酵(正しくは酸化酵素の活性による酸化発酵)

させるかで、6種類に分類します。

これを「6大分類」って言います。

 

↓茶湯の色で表現してみました♪

中国茶の種類、六大茶

 

いくら見た目が緑っぽくても、緑茶ではなく烏龍茶だったり

見た目が緑なのに白茶だったりするのは、そこに理由があります。

 

見た目以上に、中身(発酵)が重要ってことですね(・∀・)

 

他にも、6大分類とは別に、「再加工茶」という分類がありますが、

ジャスミン茶工芸茶が、この、「再加工茶」の種類に入ります。

ベースの緑茶や白茶に、ジャスミンで香り付けをおこなったり

花を結んで、形を作ったりなど、お茶になったあとに、さらに人の手や花が加わって

いるものを「再加工茶」としています。

 

苦丁茶八宝茶花茶は、お茶の葉を使っていないので

「茶の外」に分類されています。

 

でも、それぞれの分類の中に

さらにいろんな味と形と色があるので

ほんと、中国茶って多彩です。

 

今日はざっと中国茶の種類・分類についてのお話でした。

 

読んでくださってありがとうございます☆

この記事を書いた人
清香花楼 スタッフ 渡部
Web担当 渡部

主にWeb中心にお店のお手伝いをしております。中国茶の奥深くて素敵な世界を、できるだけ多くのかたに知っていただけましたら幸いです。中級評茶員/高級茶藝師。

清香花楼チンシャンファーロウについて

シェアする