ブログメニューを見る
龍井茶2010年

明前西湖龍井
明前西湖龍井2010年

2010年の龍井茶、遅ればせながら入荷いたしました。

今年は、3月末の冷え込みで不作傾向となりました。

最も高値で取引される新芽のロットが大きな被害を受けてしまい、

市場の平均価格が数倍に跳ねあがりました。

実際のところ、これは龍井茶だけでなく、武夷岩茶や鳳凰単叢でも同じ傾向にあります。

大変残念なことなのですが、お茶は自然の産物ですので、

「こういうこともある」と受けとめるしかないです。

不作ではありますが、龍井茶はとてもいい茶葉が入手できました。

理由は二つあります。

中国での龍井茶の評価基準として、先ず茶葉の形の美しさを重視するのですが、

今年の仕入れでは、茶葉の形の良し悪しはあまり考えていません。

同じ味香りでも、形がいいだけで値段が高くなってしまうからです。

同じクラスの味わいの茶葉なら、多少形が良くなくても、安いほうを選んでいます。

それから、ブランド産地にもそれほどこだわっておりません。

龍井茶は、産地のブランドがほとんど神話化されていますので、

いまいちの茶葉でも、その産地名だけで、びっくりするくらい高価になります。

年によって茶畑の出来は変わるのが常ですので、

清香花楼では、できる限り産地名には惑わされずに試飲いたしました。

あまりに形の美しい茶葉や、高名な産地ブランドをはずすこと。

この二点に気を留めて試飲をして、価格と質のバランスの良い茶葉を仕入れました。

ただ、お茶は嗜好品ですので、美味しさの基準も千差万別。

今年の夏は上海などへご旅行に行かれるかたも多いと思います。

茶店に入られた際には、ぜひ自分の五感でお買い物をしてください。

明前西湖龍井2010年
西湖龍井2010年

この記事を書いた人
販売 小林

妻(李)の故郷にはじめて行った時、現地で飲んだ鉄観音に感動しました。たった一杯のお茶で人は幸せを感じることができるので、お茶というのはいいものだなと思います。

清香花楼チンシャンファーロウについて

トピック