サイドバーを表示
花粉症と凍頂烏龍茶

春が近づいてきて・・・

梅の花

 

スギ花粉の季節が

やってきました!!

花粉症の方にはつらい時期ですよね・・・。

(写真は梅の花です ^^)

 

身近にも花粉症の人がいるのですが、

みんな辛そうです。

今、日本人の4人にひとりは、

花粉症の症状があるそうなんです。

 

かくいう私は、まだ花粉症ではないので、

ほんとに助かってますが、、

 

今年の花粉は、昨年より飛散が早く、飛散量は2倍にもなるそうです。

花芽の生育が良いらしく、今年はすごいぞと・・・。

2月20日から本格的に飛散が始まるようです。

 

そんな季節にお勧めなのが、凍頂烏龍茶

 

 

巷でもよく噂されているので

お馴染みかもしれませんが

 

凍頂烏龍茶に含まれる

渋み成分の一種の

「メチル化カテキン」に、

アレルギー原因物質となるヒスタミンの、

体内分泌を抑制する効果があるそうなんです。

 

ただ、「抑制」の働きなので、

反応が始まって花粉症が出てしまうと

飲んでも効果がないらしいのです。

 

あくまで、反応を起こさない予防が肝心だそうです。

 

メチル化カテキンは、凍頂烏龍茶と、

日本の「べにふうき」という茶種にも多く含まれています。

 

でも、メチル化カテキンは、緑茶や、岩茶鉄観音には含まれていないんです。

 

なので、花粉症対策で・・・ということでしたら、

どんなお茶でもいいというわけではないんです。

 

美味しく楽しく花粉症の予防できたらいいですね。

 

毎年、大変な思いをされている方々、

お茶でリラックスしながら

このつらい季節を乗りきっていただければと思います。

この記事を書いた人
清香花楼 スタッフ 渡部
Web担当 渡部

主にWeb中心にお店のお手伝いをしております。中国茶の奥深くて素敵な世界を、できるだけ多くのかたに知っていただけましたら幸いです。中級評茶員/高級茶藝師。

清香花楼チンシャンファーロウについて